OCL/UML

2007年8月14日 (火)

UML.OCL->use(better, VDM++) # Stairway to Formal Method World《10》クラス定義: 型(2)map★

------------ 序 ------------

この連載では、UML/OCL に飽き足らず、ソフトウェアテストに頼ることなく、信頼性のあるシステム開発、高品質のソフトウェア開発を目指す「プロ」グラマーのために、VDM++ による形式手法への扉を開きます。"The IFAD VDM++ Language" を読み解きながら、形式手法を頼りに、Python によるオブジェクト指向プログラミングへの適用を図ります。

◆ Ruby/Python などが普及して、より本格的なオブジェクト指向の支援機能が得られるにつれ、図らずも UML/OCL の脆弱さを露呈する結果となりました。Java/C# などを対象とするだけなら、ある程度の満足は得られますが、より広範な問題解決が必要とされる場面では、不満が募ります。◆ まず、それを使って記述されたモデルの正当性を検証するため(必要十分条件を満たしているか)の、確立した方法論を持たないこと。そのため、モデルを構築 する作業をいつ止めていいのかを判断できず、XUnit に象徴されるような、ソフトウェアテストに頼らざるを得ません。◆ また、分析設計段階で作成された様々なモデル図から、実現段階へとシームレスに移行するための統合開発環境も十分に整備されているとは言えません。仮にそのモデルの正当性が検証されても、その成果はそのままコーディングに反映されずに、品質の維持には必ずしも貢献できません。手作業 によるハードコーディングを余儀なくされるとしたら、これらのモデル図は、プログラムに添えられたコメントと同じであり、それ以上でもそれ以下でもありま せん。◆ さらに…

ここで公開している記事は「キーワード検索」を利用するための便宜的なものです。詳細は、正式版(PDF)をダウンロードしてご覧ください。
【準備中】

【目次】関連記事
〔Python/VDM++ 入門〕UML.OCL->use(better) # Stairway to Formal Method World

【注意】例題は "VDM++ Lecture Notes Solutions to Exercises (C) 1999 by IFAD" をもとに、Python で実現したものです。記事の内容(引用した箇所を除く)に不備があれば、すべての責任は「タマゴ倶楽部」にあります

【査読中】

テスト仕様も、それをプログラムとして実現するなら、他のソフトウェアと同様に、形式手法を適用すべき対象となります。

------------ 本文 ------------

続きを読む "UML.OCL->use(better, VDM++) # Stairway to Formal Method World《10》クラス定義: 型(2)map★"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月13日 (月)

UML.OCL->use(better, VDM++) # Stairway to Formal Method World《9》クラス定義: 型(1)quote★

------------ 序 ------------

この連載では、UML/OCL に飽き足らず、ソフトウェアテストに頼ることなく、信頼性のあるシステム開発、高品質のソフトウェア開発を目指す「プロ」グラマーのために、VDM++ による形式手法への扉を開きます。"The IFAD VDM++ Language" を読み解きながら、形式手法を頼りに、Python によるオブジェクト指向プログラミングへの適用を図ります。

◆ Ruby/Python などが普及して、より本格的なオブジェクト指向の支援機能が得られるにつれ、図らずも UML/OCL の脆弱さを 露呈する結果となりました。Java/C# などを対象とするだけなら、ある程度の満足は得られますが、より広範な問題解決が必要とされる場面では、不満が募ります。◆ まず、それを使って記述されたモデルの正当性を検証するため(必要十分条件を満たしているか)の、確立した方法論を持たないこと。そのため、モデルを構築 する作業をいつ止めていいのかを判断できず、XUnit に象徴されるような、ソフトウェアテストに頼らざるを得ません。◆ また、分析設計段階で作成された様々なモデル図から、実現段階へとシームレスに移行するための統合開発環境も十分に整備されているとは言えません。仮にそ のモデルの正当性が検証されても、その成果はそのままコーディングに反映されずに、品質の維持には必ずしも貢献できません。手作業 によるハードコーディングを余儀なくされるとしたら、これらのモデル図は、プログラムに添えられたコメントと同じであり、それ以上でもそれ以下でもありま せん。◆ さらに…

ここで公開している記事は「キーワード検索」を利用するための便宜的なものです。詳細は、正式版(PDF)をダウンロードしてご覧ください。
「piyo070813.pdf」をダウンロード 

【目次】関連記事
〔Python/VDM++ 入門〕UML.OCL->use(better) # Stairway to Formal Method World

【注意】例題は "VDM++ Lecture Notes Solutions to Exercises (C) 1999 by IFAD" をもとに、Python で実現したものです。記事の内容(引用した箇所を除く)に不備があれば、すべての責任は「タマゴ倶楽部」にあります

テスト仕様も、それをプログラムとして実現するなら、他のソフトウェアと同様に、形式手法を適用すべき対象となります。

------------ 本文 ------------

続きを読む "UML.OCL->use(better, VDM++) # Stairway to Formal Method World《9》クラス定義: 型(1)quote★"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 1日 (水)

♪ UML.OCL->use(better, VDM++) # Stairway to Formal Method World

------------ 序 ------------

この連載では、UML/OCL に飽き足らず、ソフトウェアテストに頼ることなく、信頼性のあるシステム開発、高品質のソフトウェア開発を目指す「プロ」グラマーのために、VDM++ による形式手法への扉を開きます。"The IFAD VDM++ Language" を読み解きながら、形式手法を頼りに、Python によるオブジェクト指向プログラミングへの適用を図ります。

◆ Ruby/Python などが普及して、より本格的なオブジェクト指向の支援機能が得られるにつれ、図らずも UML/OCL の脆弱さを 露呈する結果となりました。Java/C# などを対象とするだけなら、ある程度の満足は得られますが、より広範な問題解決が必要とされる場面では、不満が募ります。◆ まず、それを使って記述されたモデルの正当性を検証するため(必要十分条件を満たしているか)の、確立した方法論を持たないこと。そのため、モデルを構築 する作業をいつ止めていいのかを判断できず、XUnit に象徴されるような、ソフトウェアテストに頼らざるを得ません。◆ また、分析設計段階で作成された様々なモデル図から、実現段階へとシームレスに移行するための統合開発環境も十分に整備されているとは言えません。仮にそ のモデルの正当性が検証されても、その成果はそのままコーディングに反映されずに、品質の維持には必ずしも貢献できません。手作業 によるハードコーディングを余儀なくされるとしたら、これらのモデル図は、プログラムに添えられたコメントと同じであり、それ以上でもそれ以下でもありま せん。◆ さらに…

【目次】関連記事
〔Python/VDM++ 入門〕UML.OCL->use(better) # Stairway to Formal Method World

【注意】例題は "VDM++ Lecture Notes Solutions to Exercises (C) 1999 by IFAD" をもとに、Python で実現したものです。記事の内容(引用した箇所を除く)に不備があれば、すべての責任は「タマゴ倶楽部」にあります

------------ 本文 ------------

続きを読む "♪ UML.OCL->use(better, VDM++) # Stairway to Formal Method World"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 6日 (金)

UML.OCL->use(better, VDM++) # Stairway to Formal Method World《8》new 式: コンストラクター★

------------ 序 ------------

この連載では、UML/OCL に飽き足らず、ソフトウェアテストに頼ることなく、信頼性のあるシステム開発、高品質のソフトウェア開発を目指す「プロ」グラマーのために、VDM++ による形式手法への扉を開きます。"The IFAD VDM++ Language" を読み解きながら、形式手法を頼りに、Python によるオブジェクト指向プログラミングへの適用を図ります。

◆ Ruby/Python などが普及して、より本格的なオブジェクト指向の支援機能が得られるにつれ、図らずも UML/OCL の脆弱さを 露呈する結果となりました。Java/C# などを対象とするだけなら、ある程度の満足は得られますが、より広範な問題解決が必要とされる場面では、不満が募ります。◆ まず、それを使って記述されたモデルの正当性を検証するため(必要十分条件を満たしているか)の、確立した方法論を持たないこと。そのため、モデルを構築 する作業をいつ止めていいのかを判断できず、XUnit に象徴されるような、ソフトウェアテストに頼らざるを得ません。◆ また、分析設計段階で作成された様々なモデル図から、実現段階へとシームレスに移行するための統合開発環境も十分に整備されているとは言えません。仮にそ のモデルの正当性が検証されても、その成果はそのままコーディングに反映されずに、品質の維持には必ずしも貢献できません。手作業 によるハードコーディングを余儀なくされるとしたら、これらのモデル図は、プログラムに添えられたコメントと同じであり、それ以上でもそれ以下でもありま せん。◆ さらに…

ここで公開している記事は「キーワード検索」を利用するための便宜的なものです。詳細は、正式版(PDF)をダウンロードしてご覧ください。
「piyo070706.pdf」をダウンロード 

【目次】関連記事
〔Python/VDM++ 入門〕UML.OCL->use(better) # Stairway to Formal Method World

【注意】例題は "VDM++ Lecture Notes Solutions to Exercises (C) 1999 by IFAD" をもとに、Python で実現したものです。記事の内容(引用した箇所を除く)に不備があれば、すべての責任は「タマゴ倶楽部」にあります

テスト仕様も、それをプログラムとして実現するなら、他のソフトウェアと同様に、形式手法を適用すべき対象となります。

------------ 本文 ------------

続きを読む "UML.OCL->use(better, VDM++) # Stairway to Formal Method World《8》new 式: コンストラクター★"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 2日 (月)

UML.OCL->use(better, VDM++) # Stairway to Formal Method World《6》クラス定義: 操作(5)事前条件★

------------ 序 ------------

この連載では、UML/OCL に飽き足らず、ソフトウェアテストに頼ることなく、信頼性のあるシステム開発、高品質のソフトウェア開発を目指す「プロ」グラマーのために、VDM++ による形式手法への扉を開きます。"The IFAD VDM++ Language" を読み解きながら、形式手法を頼りに、Python によるオブジェクト指向プログラミングへの適用を図ります。

◆ Ruby/Python などが普及して、より本格的なオブジェクト指向の支援機能が得られるにつれ、図らずも UML/OCL の脆弱さを 露呈する結果となりました。Java/C# などを対象とするだけなら、ある程度の満足は得られますが、より広範な問題解決が必要とされる場面では、不満が募ります。◆ まず、それを使って記述されたモデルの正当性を検証するため(必要十分条件を満たしているか)の、確立した方法論を持たないこと。そのため、モデルを構築 する作業をいつ止めていいのかを判断できず、XUnit に象徴されるような、ソフトウェアテストに頼らざるを得ません。◆ また、分析設計段階で作成された様々なモデル図から、実現段階へとシームレスに移行するための統合開発環境も十分に整備されているとは言えません。仮にそ のモデルの正当性が検証されても、その成果はそのままコーディングに反映されずに、品質の維持には必ずしも貢献できません。手作業 によるハードコーディングを余儀なくされるとしたら、これらのモデル図は、プログラムに添えられたコメントと同じであり、それ以上でもそれ以下でもありま せん。◆ さらに…

ここで公開している記事は「キーワード検索」を利用するための便宜的なものです。詳細は、正式版(PDF)をダウンロードしてご覧ください。
「piyo070702.pdf」をダウンロード 

【目次】関連記事
〔Python/VDM++ 入門〕UML.OCL->use(better) # Stairway to Formal Method World

【注意】例題は "VDM++ Lecture Notes Solutions to Exercises (C) 1999 by IFAD" をもとに、Python で実現したものです。記事の内容(引用した箇所を除く)に不備があれば、すべての責任は「タマゴ倶楽部」にあります

要求仕様を記述する最上位の概念として、クラスを記述する方法を紹介します。

------------ 本文 ------------

続きを読む "UML.OCL->use(better, VDM++) # Stairway to Formal Method World《6》クラス定義: 操作(5)事前条件★"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月24日 (日)

♪ Java.use(better) # Stairway to Real Agile World

------------ 序 ------------

プログラマーにとっての「地デジ」対応は進んでいますか? この連載では、ナログ世代(Java/C#)からィジタル世代(Ruby/Python)への脱皮を目指して、「真のアジャイル対応」への準備を怠りない、プログラマーのみなさんを支援する話題を提供します。Java が抱える深刻な問題は、C# プログラマーにとって「対岸の火事」とばかりも言っていられません。Java/C# の常識は、オブジェクト指向の常識。さあ、ご一緒に「真のオブジェクト指向」の世界へと続く扉を開いてみませんか。

【目次】
〔Python/Jython 入門〕Java.use(better) # Stairway to Real Agile World

------------ 本文 ------------

続きを読む "♪ Java.use(better) # Stairway to Real Agile World"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

♪ Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing by VDM++

------------ 序 ------------

この連載では、UML/OCL に飽き足らず、ソフトウェアテストに頼ることなく、信頼性のあるシステム開発、高品質のソフトウェア開発を目指す「プロ」グラマーのために、VDM++ による形式手法への扉を開きます。VDM++ に準拠するクラスライブラリーを作成する過程を通して、Python によるオブジェクト指向プログラミングへの理解を深めます。

【目次】
〔Python/VDM++ 入門〕Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing by VDM++

------------ 本文 ------------

続きを読む "♪ Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing by VDM++"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 8日 (金)

UML.OCL->use(better, VDM++) # Stairway to Formal Method World《5》クラス定義: 操作(4)事前条件★

------------ 序 ------------

この連載では、UML/OCL に飽き足らず、ソフトウェアテストに頼ることなく、信頼性のあるシステム開発、高品質のソフトウェア開発を目指す「プロ」グラマーのために、VDM++ による形式手法への扉を開きます。"The IFAD VDM++ Language" を読み解きながら、形式手法を頼りに、Python によるオブジェクト指向プログラミングへの適用を図ります。

ここで公開している記事は「キーワード検索」を利用するための便宜的なものです。詳細は、正式版(PDF)をダウンロードしてご覧ください。 
「piyo070608.pdf」をダウンロード 

【目次】関連記事
〔Python/VDM++ 入門〕UML.OCL->use(better) # Stairway to Formal Method World

【注意】例題は "VDM++ Lecture Notes Solutions to Exercises (C) 1999 by IFAD" をもとに、Python で実現したものです。記事の内容(引用した箇所を除く)に不備があれば、すべての責任は「タマゴ倶楽部」にあります

要求仕様を記述する最上位の概念として、クラスを記述する方法を紹介します。

------------ 本文 ------------

続きを読む "UML.OCL->use(better, VDM++) # Stairway to Formal Method World《5》クラス定義: 操作(4)事前条件★"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 7日 (木)

UML.OCL->use(better, VDM++) # Stairway to Formal Method World《4》クラス定義: 操作(3)事前条件★

------------ 序 ------------

この連載では、UML/OCL に飽き足らず、ソフトウェアテストに頼ることなく、信頼性のあるシステム開発、高品質のソフトウェア開発を目指す「プロ」グラマーのために、VDM++ による形式手法への扉を開きます。"The IFAD VDM++ Language" を読み解きながら、形式手法を頼りに、Python によるオブジェクト指向プログラミングへの適用を図ります。

ここで公開している記事は「キーワード検索」を利用するための便宜的なものです。詳細は、正式版(PDF)をダウンロードしてご覧ください。
「piyo070607.pdf」をダウンロード

【目次】関連記事
〔Python/VDM++ 入門〕UML.OCL->use(better) # Stairway to Formal Method World

【注意】例題は "VDM++ Lecture Notes Solutions to Exercises (C) 1999 by IFAD" をもとに、Python で実現したものです。記事の内容(引用した箇所を除く)に不備があれば、すべての責任は「タマゴ倶楽部」にあります

要求仕様を記述する最上位の概念として、クラスを記述する方法を紹介します。

------------ 本文 ------------

続きを読む "UML.OCL->use(better, VDM++) # Stairway to Formal Method World《4》クラス定義: 操作(3)事前条件★"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 6日 (水)

UML.OCL->use(better, VDM++) # Stairway to Formal Method World《3》クラス定義: 操作(2)代入文★

------------ 序 ------------

この連載では、UML/OCL に飽き足らず、ソフトウェアテストに頼ることなく、信頼性のあるシステム開発、高品質のソフトウェア開発を目指す「プロ」グラマーのために、VDM++ による形式手法への扉を開きます。"The IFAD VDM++ Language" を読み解きながら、形式手法を頼りに、Python によるオブジェクト指向プログラミングへの適用を図ります。

◆ Ruby/Python などが普及して、より本格的なオブジェクト指向の支援機能が得られるにつれ、図らずも UML/OCL の脆弱さを 露呈する結果となりました。Java/C# などを対象とするだけなら、ある程度の満足は得られますが、より広範な問題解決が必要とされる場面では、不満が募ります。◆ まず、それを使って記述されたモデルの正当性を検証するため(必要十分条件を満たしているか)の、確立した方法論を持たないこと。そのため、モデルを構築 する作業をいつ止めていいのかを判断できず、XUnit に象徴されるような、ソフトウェアテストに頼らざるを得ません。◆ また、分析設計段階で作成された様々なモデル図から、実現段階へとシームレスに移行するための統合開発環境も十分に整備されているとは言えません。仮にそ のモデルの正当性が検証されても、その成果はそのままコーディングに反映されずに、品質の維持には必ずしも貢献できません。手作業 によるハードコーディングを余儀なくされるとしたら、これらのモデル図は、プログラムに添えられたコメントと同じであり、それ以上でもそれ以下でもありま せん。◆ さらに…

ここで公開している記事は「キーワード検索」を利用するための便宜的なものです。詳細は、正式版(PDF)をダウンロードしてご覧ください。
「piyo070606.pdf」をダウンロード

【目次】関連記事
〔Python/VDM++ 入門〕UML.OCL->use(better) # Stairway to Formal Method World

【注意】例題は "VDM++ Lecture Notes Solutions to Exercises (C) 1999 by IFAD" をもとに、Python で実現したものです。記事の内容(引用した箇所を除く)に不備があれば、すべての責任は「タマゴ倶楽部」にあります

要求仕様を記述する最上位の概念として、クラスを記述する方法を紹介します。

------------ 本文 ------------

続きを読む "UML.OCL->use(better, VDM++) # Stairway to Formal Method World《3》クラス定義: 操作(2)代入文★"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧