« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

2008年4月25日 (金)

Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing《6.5》モジュール:jarray

♪都合により「 続・ひよ子のきもち 」にお引越し致します。(^_^)/~

★引越し後は(予告なしに)削除しますので、新しい記事をご覧ください。m(_o_)m

-----------------------( きりとれません )-----------------------------


------------ 序 ------------

ここで公開している記事は「キーワード検索」を利用するための便宜的なものです。詳細は、正式版(査読中)をダウンロードしてご覧ください

【目次】関連記事
〔Python/Jython/Swing 入門〕Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing

実際のアプリケーション開発を疑似体験できるように、問題解決に至るまでの紆余曲折を示しながら「繰り返し段階的に」技術を習得するための話題を提 供します。OOP〔Object-Oriented Programming〕を体得するには、五感を通してフィードバックが得られる論理的シミュレーションによって、現実世界を疑似体験するのが効果的で す。この連載で、Java の常識が壊れるかもしれませんが、OOP の可能性は広がります

【注意】連載の主旨から「先に示したプログラムが後で覆される」事例が含まれます。次の展開(失敗から何を学ぶか/学ばないか)を予想しながら読み進むのも一興です。

------------ 本文 ------------

続きを読む "Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing《6.5》モジュール:jarray"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月24日 (木)

Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing《6.4》支援ツール:配列の`中身`を確認する

------------ 序 ------------

ここで公開している記事は「キーワード検索」を利用するための便宜的なものです。詳細は、正式版(査読中)をダウンロードしてご覧ください

【目次】関連記事
〔Python/Jython/Swing 入門〕Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing

実際のアプリケーション開発を疑似体験できるように、問題解決に至るまでの紆余曲折を示しながら「繰り返し段階的に」技術を習得するための話題を提 供します。OOP〔Object-Oriented Programming〕を体得するには、五感を通してフィードバックが得られる論理的シミュレーションによって、現実世界を疑似体験するのが効果的で す。この連載で、Java の常識が壊れるかもしれませんが、OOP の可能性は広がります

【注意】連載の主旨から「先に示したプログラムが後で覆される」事例が含まれます。次の展開(失敗から何を学ぶか/学ばないか)を予想しながら読み進むのも一興です。

------------ 本文 ------------

続きを読む "Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing《6.4》支援ツール:配列の`中身`を確認する"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月23日 (水)

Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing《6.3》ドラッグ&ドロップ

------------ 序 ------------

ここで公開している記事は「キーワード検索」を利用するための便宜的なものです。詳細は、正式版(査読中)をダウンロードしてご覧ください

【目次】関連記事
〔Python/Jython/Swing 入門〕Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing

実際のアプリケーション開発を疑似体験できるように、問題解決に至るまでの紆余曲折を示しながら「繰り返し段階的に」技術を習得するための話題を提 供します。OOP〔Object-Oriented Programming〕を体得するには、五感を通してフィードバックが得られる論理的シミュレーションによって、現実世界を疑似体験するのが効果的で す。この連載で、Java の常識が壊れるかもしれませんが、OOP の可能性は広がります

【注意】連載の主旨から「先に示したプログラムが後で覆される」事例が含まれます。次の展開(失敗から何を学ぶか/学ばないか)を予想しながら読み進むのも一興です。

------------ 本文 ------------

続きを読む "Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing《6.3》ドラッグ&ドロップ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月22日 (火)

Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing《6.2》Swing:TransferHandler

------------ 序 ------------

ここで公開している記事は「キーワード検索 」を利用するための便宜的なものです。詳細は、正式版(「cz16080312.pdf」をダウンロード draft@08/03/12)をダウンロードしてご覧ください

【目次】関連記事
〔Python/Jython/Swing 入門〕Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing

実際のアプリケーション開発を疑似体験できるように、問題解決に至るまでの紆余曲折を示しながら「繰り返し段階的に」技術を習得するための話題を提 供します。OOP〔Object-Oriented Programming〕を体得するには、五感を通してフィードバックが得られる論理的シミュレーションによって、現実世界を疑似体験するのが効果的で す。この連載で、Java の常識が壊れるかもしれませんが、OOP の可能性は広がります

【注意】連載の主旨から「先に示したプログラムが後で覆される」事例が含まれます。次の展開(失敗から何を学ぶか/学ばないか)を予想しながら読み進むのも一興です。

------------ 本文 ------------

続きを読む "Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing《6.2》Swing:TransferHandler"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月21日 (月)

Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing《6.1》TransferHandler: DnD

------------ 序 ------------

ここで公開している記事は「キーワード検索」を利用するための便宜的なものです。詳細は、正式版(査読中)をダウンロードしてご覧ください

【目次】関連記事
〔Python/Jython/Swing 入門〕Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing

実際のアプリケーション開発を疑似体験できるように、問題解決に至るまでの紆余曲折を示しながら「繰り返し段階的に」技術を習得するための話題を提 供します。OOP〔Object-Oriented Programming〕を体得するには、五感を通してフィードバックが得られる論理的シミュレーションによって、現実世界を疑似体験するのが効果的で す。この連載で、Java の常識が壊れるかもしれませんが、OOP の可能性は広がります

【注意】連載の主旨から「先に示したプログラムが後で覆される」事例が含まれます。次の展開(失敗から何を学ぶか/学ばないか)を予想しながら読み進むのも一興です。

------------ 本文 ------------

続きを読む "Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing《6.1》TransferHandler: DnD"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月18日 (金)

Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing《5.5》支援ツール:インスペクターで状態を確認する

------------ 序 ------------

ここで公開している記事は「キーワード検索」を利用するための便宜的なものです。詳細は、正式版(査読中)をダウンロードしてご覧ください

【目次】関連記事
〔Python/Jython/Swing 入門〕Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing

実際のアプリケーション開発を疑似体験できるように、問題解決に至るまでの紆余曲折を示しながら「繰り返し段階的に」技術を習得するための話題を提 供します。OOP〔Object-Oriented Programming〕を体得するには、五感を通してフィードバックが得られる論理的シミュレーションによって、現実世界を疑似体験するのが効果的で す。この連載で、Java の常識が壊れるかもしれませんが、OOP の可能性は広がります

【注意】連載の主旨から「先に示したプログラムが後で覆される」事例が含まれます。次の展開(失敗から何を学ぶか/学ばないか)を予想しながら読み進むのも一興です。

------------ 本文 ------------

続きを読む "Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing《5.5》支援ツール:インスペクターで状態を確認する"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月17日 (木)

Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing《5.4》イベントリスナーの背景

------------ 序 ------------

ここで公開している記事は「キーワード検索」を利用するための便宜的なものです。詳細は、正式版(査読中)をダウンロードしてご覧ください

【目次】関連記事
〔Python/Jython/Swing 入門〕Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing

実際のアプリケーション開発を疑似体験できるように、問題解決に至るまでの紆余曲折を示しながら「繰り返し段階的に」技術を習得するための話題を提 供します。OOP〔Object-Oriented Programming〕を体得するには、五感を通してフィードバックが得られる論理的シミュレーションによって、現実世界を疑似体験するのが効果的で す。この連載で、Java の常識が壊れるかもしれませんが、OOP の可能性は広がります

【注意】連載の主旨から「先に示したプログラムが後で覆される」事例が含まれます。次の展開(失敗から何を学ぶか/学ばないか)を予想しながら読み進むのも一興です。

------------ 本文 ------------

続きを読む "Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing《5.4》イベントリスナーの背景"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing《5.3》リファクタリング

------------ 序 ------------

ここで公開している記事は「キーワード検索」を利用するための便宜的なものです。詳細は、正式版(査読中)をダウンロードしてご覧ください

【目次】関連記事
〔Python/Jython/Swing 入門〕Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing

実際のアプリケーション開発を疑似体験できるように、問題解決に至るまでの紆余曲折を示しながら「繰り返し段階的に」技術を習得するための話題を提 供します。OOP〔Object-Oriented Programming〕を体得するには、五感を通してフィードバックが得られる論理的シミュレーションによって、現実世界を疑似体験するのが効果的で す。この連載で、Java の常識が壊れるかもしれませんが、OOP の可能性は広がります

【注意】連載の主旨から「先に示したプログラムが後で覆される」事例が含まれます。次の展開(失敗から何を学ぶか/学ばないか)を予想しながら読み進むのも一興です。

------------ 本文 ------------

続きを読む "Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing《5.3》リファクタリング"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月15日 (火)

Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing《5.2》Swing:JLabel

♪都合により「 続・ひよ子のきもち 」にお引越し致します。(^_^)/~

★引越し後は(予告なしに)削除しますので、新しい記事をご覧ください。m(_o_)m

-----------------------( きりとれません )-----------------------------


------------ 序 ------------

ここで公開している記事は「キーワード検索」を利用するための便宜的なものです。詳細は、正式版(査読中)をダウンロードしてご覧ください

【目次】関連記事
〔Python/Jython/Swing 入門〕Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing

実際のアプリケーション開発を疑似体験できるように、問題解決に至るまでの紆余曲折を示しながら「繰り返し段階的に」技術を習得するための話題を提 供します。OOP〔Object-Oriented Programming〕を体得するには、五感を通してフィードバックが得られる論理的シミュレーションによって、現実世界を疑似体験するのが効果的で す。この連載で、Java の常識が壊れるかもしれませんが、OOP の可能性は広がります

【注意】連載の主旨から「先に示したプログラムが後で覆される」事例が含まれます。次の展開(失敗から何を学ぶか/学ばないか)を予想しながら読み進むのも一興です。

------------ 本文 ------------

続きを読む "Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing《5.2》Swing:JLabel"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月14日 (月)

Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing《5.1》今回の課題:全32チームの旗を一堂に掲げよう

------------ 序 ------------

ここで公開している記事は「キーワード検索」を利用するための便宜的なものです。詳細は、正式版(査読中)をダウンロードしてご覧ください

【目次】関連記事
〔Python/Jython/Swing 入門〕Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing

実際のアプリケーション開発を疑似体験できるように、問題解決に至るまでの紆余曲折を示しながら「繰り返し段階的に」技術を習得するための話題を提 供します。OOP〔Object-Oriented Programming〕を体得するには、五感を通してフィードバックが得られる論理的シミュレーションによって、現実世界を疑似体験するのが効果的で す。この連載で、Java の常識が壊れるかもしれませんが、OOP の可能性は広がります

【注意】連載の主旨から「先に示したプログラムが後で覆される」事例が含まれます。次の展開(失敗から何を学ぶか/学ばないか)を予想しながら読み進むのも一興です。

------------ 本文 ------------

続きを読む "Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing《5.1》今回の課題:全32チームの旗を一堂に掲げよう"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月11日 (金)

Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing《4.5》終わりに

------------ 序 ------------

ここで公開している記事は「キーワード検索」を利用するための便宜的なものです。詳細は、正式版(査読中)をダウンロードしてご覧ください

【目次】関連記事
〔Python/Jython/Swing 入門〕Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing

実際のアプリケーション開発を疑似体験できるように、問題解決に至るまでの紆余曲折を示しながら「繰り返し段階的に」技術を習得するための話題を提 供します。OOP〔Object-Oriented Programming〕を体得するには、五感を通してフィードバックが得られる論理的シミュレーションによって、現実世界を疑似体験するのが効果的で す。この連載で、Java の常識が壊れるかもしれませんが、OOP の可能性は広がります

【注意】連載の主旨から「先に示したプログラムが後で覆される」事例が含まれます。次の展開(失敗から何を学ぶか/学ばないか)を予想しながら読み進むのも一興です。

------------ 本文 ------------

続きを読む "Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing《4.5》終わりに"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月10日 (木)

Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing《4.4》レイアウトを設定する

------------ 序 ------------

ここで公開している記事は「キーワード検索」を利用するための便宜的なものです。詳細は、正式版(査読中)をダウンロードしてご覧ください

【目次】関連記事
〔Python/Jython/Swing 入門〕Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing

実際のアプリケーション開発を疑似体験できるように、問題解決に至るまでの紆余曲折を示しながら「繰り返し段階的に」技術を習得するための話題を提 供します。OOP〔Object-Oriented Programming〕を体得するには、五感を通してフィードバックが得られる論理的シミュレーションによって、現実世界を疑似体験するのが効果的で す。この連載で、Java の常識が壊れるかもしれませんが、OOP の可能性は広がります

【注意】連載の主旨から「先に示したプログラムが後で覆される」事例が含まれます。次の展開(失敗から何を学ぶか/学ばないか)を予想しながら読み進むのも一興です。

------------ 本文 ------------

続きを読む "Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing《4.4》レイアウトを設定する"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 9日 (水)

Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing《4.3》支援ツール:JPanel の状態を確認する

------------ 序 ------------

ここで公開している記事は「キーワード検索」を利用するための便宜的なものです。詳細は、正式版(査読中)をダウンロードしてご覧ください

【目次】関連記事
〔Python/Jython/Swing 入門〕Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing

実際のアプリケーション開発を疑似体験できるように、問題解決に至るまでの紆余曲折を示しながら「繰り返し段階的に」技術を習得するための話題を提 供します。OOP〔Object-Oriented Programming〕を体得するには、五感を通してフィードバックが得られる論理的シミュレーションによって、現実世界を疑似体験するのが効果的で す。この連載で、Java の常識が壊れるかもしれませんが、OOP の可能性は広がります

【注意】連載の主旨から「先に示したプログラムが後で覆される」事例が含まれます。次の展開(失敗から何を学ぶか/学ばないか)を予想しながら読み進むのも一興です。

------------ 本文 ------------

続きを読む "Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing《4.3》支援ツール:JPanel の状態を確認する"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 8日 (火)

Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing《4.2》Swing:JPanel

------------ 序 ------------

ここで公開している記事は「キーワード検索」を利用するための便宜的なものです。詳細は、正式版(査読中)をダウンロードしてご覧ください

【目次】関連記事
〔Python/Jython/Swing 入門〕Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing

実際のアプリケーション開発を疑似体験できるように、問題解決に至るまでの紆余曲折を示しながら「繰り返し段階的に」技術を習得するための話題を提 供します。OOP〔Object-Oriented Programming〕を体得するには、五感を通してフィードバックが得られる論理的シミュレーションによって、現実世界を疑似体験するのが効果的で す。この連載で、Java の常識が壊れるかもしれませんが、OOP の可能性は広がります

【注意】連載の主旨から「先に示したプログラムが後で覆される」事例が含まれます。次の展開(失敗から何を学ぶか/学ばないか)を予想しながら読み進むのも一興です。

------------ 本文 ------------

続きを読む "Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing《4.2》Swing:JPanel"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 7日 (月)

Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing《4.1》今回の課題:各チームをグループ別に表示しよう

------------ 序 ------------

ここで公開している記事は「キーワード検索」を利用するための便宜的なものです。詳細は、正式版(査読中)をダウンロードしてご覧ください

【目次】関連記事
〔Python/Jython/Swing 入門〕Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing

実際のアプリケーション開発を疑似体験できるように、問題解決に至るまでの紆余曲折を示しながら「繰り返し段階的に」技術を習得するための話題を提 供します。OOP〔Object-Oriented Programming〕を体得するには、五感を通してフィードバックが得られる論理的シミュレーションによって、現実世界を疑似体験するのが効果的で す。この連載で、Java の常識が壊れるかもしれませんが、OOP の可能性は広がります

【注意】連載の主旨から「先に示したプログラムが後で覆される」事例が含まれます。次の展開(失敗から何を学ぶか/学ばないか)を予想しながら読み進むのも一興です。

------------ 本文 ------------

続きを読む "Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing《4.1》今回の課題:各チームをグループ別に表示しよう"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 1日 (火)

`Python.use(better, by="JPL") # for novice

------------ 序 ------------

この連載では、Java の原典 "The Java Programming Language" を読み解きながら、Python によるオブジェクト指向プログラミングへの導入を図ります。

【目次】読み込みに時間が掛かるときには、以下を選択してください。
〔Python/Jython 入門〕Python.use(better, by="JPL")  # for novice 

------------ 本文 ------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

`Python.use(better, by="K&R") # for novice

------------ 序 ------------

この連載では、K&R の名著 "The C Programming Language" を読み解きながら、Python によるオブジェクト指向プログラミングへの導入を図ります。

【目次】読み込みに時間が掛かるときには、以下を選択してください。
〔Python/Jython 入門〕Python.use(better, by="K&R")  # for novice 

------------ 本文 ------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

●気軽に Jython《00》学習を始める前に:ターミナル編

------------ 序 ------------

最新版を得るには
pdf@2008/04/05 をダウンロード

してください。

------------ 本文 ------------

続きを読む "●気軽に Jython《00》学習を始める前に:ターミナル編"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

●気軽に Jython《01》九九の表を作ってみよう

♪都合により「 続・ひよ子のきもち 」にお引越し致します。(^_^)/~

★引越し後は(予告なしに)削除しますので、新しい記事をご覧ください。m(_o_)m

-----------------------( きりとれません )-----------------------------

------------ 本文 ------------

続きを読む "●気軽に Jython《01》九九の表を作ってみよう"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

●気軽に Jython《00》学習を始める前に:PyDev 編

------------ 序 ------------

最新版を得るには
pdf@2008/04/04 をダウンロード
してください。

------------ 本文 ------------

続きを読む "●気軽に Jython《00》学習を始める前に:PyDev 編"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

`Python.use(better, anti="GoF")# Let's GoForward

------------ 序 ------------

GoF のデザインパターンは、図らずも Java/C# の脆弱さを露呈する結果となりました。Ruby/Python などのより洗練されたオブジェクト指向の支援が得られる環境下では、いくつかのパターンは単純なイディオムに過ぎず、言語によっては組み込みの機能として提 供されているものも珍しくありません。また、GoF の事例を鵜呑みにすると迂遠なアプローチ余儀なくされるばかりか、Ruby/Python などのより洗練された特徴を活かせません。GoF を模写しても始まりません。GoF が模写したその起源を探ることで、パターンの本質に迫れます。 

この連載では、GoF デザインパターンを反面教師として、真のオブジェクト指向の世界を目指す旅へと誘(いざな)います。GoF が何を伝え、何を伝えなかったのか。そのルーツを探ってみると、新たな知見が開けてきます。そろそろ、釈迦の掌(Java/C#)から脱して、天竺(Ruby/Python)へと旅立ちませんか。さあ、ご一緒に。Let's Go Forward ...

【目次】読み込みに時間が掛かるときには、以下を選択してください。
〔Python/Jython 入門〕Python.use(better, anti="GoF") # Let's GoForward

------------ 本文 ------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

------------ 序 ------------

download》最新版は、 

《46-50》pdf@2008/04/02 をダウンロード

より得られます。

------------ 本文 ------------

続きを読む "♪"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

●気軽に Jython《02》ASCII 表を作ってみよう

♪都合により「 続・ひよ子のきもち 」にお引越し致します。(^_^)/~

★引越し後は(予告なしに)削除しますので、新しい記事をご覧ください。m(_o_)m

-----------------------( きりとれません )-----------------------------


------------ 序 ------------

最新版を得るには
pdf@2008/04/10 をダウンロード

してください。

------------ 本文 ------------

続きを読む "●気軽に Jython《02》ASCII 表を作ってみよう"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »