« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

2008年3月28日 (金)

Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing《3.5》終わりに

------------ 序 ------------

ここで公開している記事は「キーワード検索」を利用するための便宜的なものです。詳細は、正式版(査読中)をダウンロードしてご覧ください

【目次】関連記事
〔Python/Jython/Swing 入門〕Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing

実際のアプリケーション開発を疑似体験できるように、問題解決に至るまでの紆余曲折を示しながら「繰り返し段階的に」技術を習得するための話題を提 供します。OOP〔Object-Oriented Programming〕を体得するには、五感を通してフィードバックが得られる論理的シミュレーションによって、現実世界を疑似体験するのが効果的で す。この連載で、Java の常識が壊れるかもしれませんが、OOP の可能性は広がります

【注意】連載の主旨から「先に示したプログラムが後で覆される」事例が含まれます。次の展開(失敗から何を学ぶか/学ばないか)を予想しながら読み進むのも一興です。

------------ 本文 ------------

続きを読む "Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing《3.5》終わりに"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月27日 (木)

Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing《3.4》支援ツール:インスペクター 自身を観察する

------------ 序 ------------

ここで公開している記事は「キーワード検索」を利用するための便宜的なものです。詳細は、正式版(査読中)をダウンロードしてご覧ください

【目次】関連記事
〔Python/Jython/Swing 入門〕Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing

実際のアプリケーション開発を疑似体験できるように、問題解決に至るまでの紆余曲折を示しながら「繰り返し段階的に」技術を習得するための話題を提 供します。OOP〔Object-Oriented Programming〕を体得するには、五感を通してフィードバックが得られる論理的シミュレーションによって、現実世界を疑似体験するのが効果的で す。この連載で、Java の常識が壊れるかもしれませんが、OOP の可能性は広がります

【注意】連載の主旨から「先に示したプログラムが後で覆される」事例が含まれます。次の展開(失敗から何を学ぶか/学ばないか)を予想しながら読み進むのも一興です。

------------ 本文 ------------

続きを読む "Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing《3.4》支援ツール:インスペクター 自身を観察する"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月26日 (水)

Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing《3.3》イベントハンドラーを登録する

------------ 序 ------------

ここで公開している記事は「キーワード検索」を利用するための便宜的なものです。詳細は、正式版(査読中)をダウンロードしてご覧ください

【目次】関連記事
〔Python/Jython/Swing 入門〕Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing

実際のアプリケーション開発を疑似体験できるように、問題解決に至るまでの紆余曲折を示しながら「繰り返し段階的に」技術を習得するための話題を提 供します。OOP〔Object-Oriented Programming〕を体得するには、五感を通してフィードバックが得られる論理的シミュレーションによって、現実世界を疑似体験するのが効果的で す。この連載で、Java の常識が壊れるかもしれませんが、OOP の可能性は広がります

【注意】連載の主旨から「先に示したプログラムが後で覆される」事例が含まれます。次の展開(失敗から何を学ぶか/学ばないか)を予想しながら読み進むのも一興です。

------------ 本文 ------------

続きを読む "Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing《3.3》イベントハンドラーを登録する"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月25日 (火)

Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing《3.2》Swing:JButton

------------ 序 ------------

ここで公開している記事は「キーワード検索」を利用するための便宜的なものです。詳細は、正式版(査読中)をダウンロードしてご覧ください

【目次】関連記事
〔Python/Jython/Swing 入門〕Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing

実際のアプリケーション開発を疑似体験できるように、問題解決に至るまでの紆余曲折を示しながら「繰り返し段階的に」技術を習得するための話題を提 供します。OOP〔Object-Oriented Programming〕を体得するには、五感を通してフィードバックが得られる論理的シミュレーションによって、現実世界を疑似体験するのが効果的で す。この連載で、Java の常識が壊れるかもしれませんが、OOP の可能性は広がります

【注意】連載の主旨から「先に示したプログラムが後で覆される」事例が含まれます。次の展開(失敗から何を学ぶか/学ばないか)を予想しながら読み進むのも一興です。

------------ 本文 ------------

続きを読む "Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing《3.2》Swing:JButton"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月24日 (月)

Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing《3.1》今回の課題:各チームのユニフォームを見てみよう

------------ 序 ------------

ここで公開している記事は「キーワード検索」を利用するための便宜的なものです。詳細は、正式版(査読中)をダウンロードしてご覧ください

【目次】関連記事
〔Python/Jython/Swing 入門〕Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing

実際のアプリケーション開発を疑似体験できるように、問題解決に至るまでの紆余曲折を示しながら「繰り返し段階的に」技術を習得するための話題を提 供します。OOP〔Object-Oriented Programming〕を体得するには、五感を通してフィードバックが得られる論理的シミュレーションによって、現実世界を疑似体験するのが効果的で す。この連載で、Java の常識が壊れるかもしれませんが、OOP の可能性は広がります

【注意】連載の主旨から「先に示したプログラムが後で覆される」事例が含まれます。次の展開(失敗から何を学ぶか/学ばないか)を予想しながら読み進むのも一興です。

------------ 本文 ------------

続きを読む "Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing《3.1》今回の課題:各チームのユニフォームを見てみよう"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月21日 (金)

Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing《2.5》終わりに

------------ 序 ------------

ここで公開している記事は「キーワード検索」を利用するための便宜的なものです。詳細は、正式版(査読中)をダウンロードしてご覧ください

【目次】関連記事
〔Python/Jython/Swing 入門〕Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing

実際のアプリケーション開発を疑似体験できるように、問題解決に至るまでの紆余曲折を示しながら「繰り返し段階的に」技術を習得するための話題を提供します。OOP〔Object-Oriented Programming〕を体得するには、五感を通してフィードバックが得られる論理的シミュレーションによって、現実世界を疑似体験するのが効果的です。この連載で、Java の常識が壊れるかもしれませんが、OOP の可能性は広がります

【注意】連載の主旨から「先に示したプログラムが後で覆される」事例が含まれます。次の展開(失敗から何を学ぶか/学ばないか)を予想しながら読み進むのも一興です。

------------ 本文 ------------

続きを読む "Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing《2.5》終わりに"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月20日 (木)

Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing《2.4》支援ツール:TextArea 自身を観察する

------------ 序 ------------

ここで公開している記事は「キーワード検索」を利用するための便宜的なものです。詳細は、正式版(査読中)をダウンロードしてご覧ください

【目次】関連記事
〔Python/Jython/Swing 入門〕Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing

実際のアプリケーション開発を疑似体験できるように、問題解決に至るまでの紆余曲折を示しながら「繰り返し段階的に」技術を習得するための話題を提 供します。OOP〔Object-Oriented Programming〕を体得するには、五感を通してフィードバックが得られる論理的シミュレーションによって、現実世界を疑似体験するのが効果的で す。この連載で、Java の常識が壊れるかもしれませんが、OOP の可能性は広がります

【注意】連載の主旨から「先に示したプログラムが後で覆される」事例が含まれます。次の展開(失敗から何を学ぶか/学ばないか)を予想しながら読み進むのも一興です。

------------ 本文 ------------

続きを読む "Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing《2.4》支援ツール:TextArea 自身を観察する"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月19日 (水)

Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing《2.3》テキストファイルの内容を表示する

------------ 序 ------------

ここで公開している記事は「キーワード検索」を利用するための便宜的なものです。詳細は、正式版(査読中)をダウンロードしてご覧ください

【目次】関連記事
〔Python/Jython/Swing 入門〕Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing

実際のアプリケーション開発を疑似体験できるように、問題解決に至るまでの紆余曲折を示しながら「繰り返し段階的に」技術を習得するための話題を提 供します。OOP〔Object-Oriented Programming〕を体得するには、五感を通してフィードバックが得られる論理的シミュレーションによって、現実世界を疑似体験するのが効果的で す。この連載で、Java の常識が壊れるかもしれませんが、OOP の可能性は広がります

【注意】連載の主旨から「先に示したプログラムが後で覆される」事例が含まれます。次の展開(失敗から何を学ぶか/学ばないか)を予想しながら読み進むのも一興です。

------------ 本文 ------------

続きを読む "Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing《2.3》テキストファイルの内容を表示する"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月18日 (火)

Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing《2.2》Swing:TextArea

------------ 序 ------------

ここで公開している記事は「キーワード検索」を利用するための便宜的なものです。詳細は、正式版(査読中)をダウンロードしてご覧ください

【目次】関連記事
〔Python/Jython/Swing 入門〕Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing

実際のアプリケーション開発を疑似体験できるように、問題解決に至るまでの紆余曲折を示しながら「繰り返し段階的に」技術を習得するための話題を提 供します。OOP〔Object-Oriented Programming〕を体得するには、五感を通してフィードバックが得られる論理的シミュレーションによって、現実世界を疑似体験するのが効果的で す。この連載で、Java の常識が壊れるかもしれませんが、OOP の可能性は広がります

【注意】連載の主旨から「先に示したプログラムが後で覆される」事例が含まれます。次の展開(失敗から何を学ぶか/学ばないか)を予想しながら読み進むのも一興です。

------------ 本文 ------------

続きを読む "Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing《2.2》Swing:TextArea"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月17日 (月)

Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing《2.1》今回の課題:相手チームを知ろう

------------ 序 ------------

ここで公開している記事は「キーワード検索」を利用するための便宜的なものです。詳細は、正式版(査読中)をダウンロードしてご覧ください

【目次】関連記事
〔Python/Jython/Swing 入門〕Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing

実際のアプリケーション開発を疑似体験できるように、問題解決に至るまでの紆余曲折を示しながら「繰り返し段階的に」技術を習得するための話題を提 供します。OOP〔Object-Oriented Programming〕を体得するには、五感を通してフィードバックが得られる論理的シミュレーションによって、現実世界を疑似体験するのが効果的で す。この連載で、Java の常識が壊れるかもしれませんが、OOP の可能性は広がります

【注意】連載の主旨から「先に示したプログラムが後で覆される」事例が含まれます。次の展開(失敗から何を学ぶか/学ばないか)を予想しながら読み進むのも一興です。

------------ 本文 ------------

続きを読む "Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing《2.1》今回の課題:相手チームを知ろう"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月14日 (金)

Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing《1.5》終わりに

------------ 序 ------------

ここで公開している記事は「キーワード検索」を利用するための便宜的なものです。詳細は、正式版(査読中)をダウンロードしてご覧ください

【目次】関連記事
〔Python/Jython/Swing 入門〕Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing

実際のアプリケーション開発を疑似体験できるように、問題解決に至るまでの紆余曲折を示しながら「繰り返し段階的に」技術を習得するための話題を提 供します。OOP〔Object-Oriented Programming〕を体得するには、五感を通してフィードバックが得られる論理的シミュレーションによって、現実世界を疑似体験するのが効果的で す。この連載で、Java の常識が壊れるかもしれませんが、OOP の可能性は広がります

【注意】連載の主旨から「先に示したプログラムが後で覆される」事例が含まれます。次の展開(失敗から何を学ぶか/学ばないか)を予想しながら読み進むのも一興です。

------------ 本文 ------------

続きを読む "Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing《1.5》終わりに"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月13日 (木)

Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing《1.4》支援ツール:JList 自身を観察する

------------ 序 ------------

ここで公開している記事は「キーワード検索」を利用するための便宜的なものです。詳細は、正式版(査読中)をダウンロードしてご覧ください

【目次】関連記事
〔Python/Jython/Swing 入門〕Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing

実際のアプリケーション開発を疑似体験できるように、問題解決に至るまでの紆余曲折を示しながら「繰り返し段階的に」技術を習得するための話題を提 供します。OOP〔Object-Oriented Programming〕を体得するには、五感を通してフィードバックが得られる論理的シミュレーションによって、現実世界を疑似体験するのが効果的で す。この連載で、Java の常識が壊れるかもしれませんが、OOP の可能性は広がります

【注意】連載の主旨から「先に示したプログラムが後で覆される」事例が含まれます。次の展開(失敗から何を学ぶか/学ばないか)を予想しながら読み進むのも一興です。

------------ 本文 ------------

続きを読む "Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing《1.4》支援ツール:JList 自身を観察する"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月12日 (水)

Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing《1.3》イベントハンドラーを登録する

------------ 序 ------------

ここで公開している記事は「キーワード検索」を利用するための便宜的なものです。詳細は、正式版(査読中)をダウンロードしてご覧ください

【目次】関連記事
〔Python/Jython/Swing 入門〕Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing

実際のアプリケーション開発を疑似体験できるように、問題解決に至るまでの紆余曲折を示しながら「繰り返し段階的に」技術を習得するための話題を提 供します。OOP〔Object-Oriented Programming〕を体得するには、五感を通してフィードバックが得られる論理的シミュレーションによって、現実世界を疑似体験するのが効果的で す。この連載で、Java の常識が壊れるかもしれませんが、OOP の可能性は広がります

【注意】連載の主旨から「先に示したプログラムが後で覆される」事例が含まれます。次の展開(失敗から何を学ぶか/学ばないか)を予想しながら読み進むのも一興です。

------------ 本文 ------------

続きを読む "Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing《1.3》イベントハンドラーを登録する"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月11日 (火)

Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing《1.2》Swing:JList

♪都合により「 続・ひよ子のきもち 」にお引越し致します。(^_^)/~

★引越し後は(予告なしに)削除しますので、新しい記事をご覧ください。m(_o_)m

-----------------------( きりとれません )-----------------------------


------------ 序 ------------

ここで公開している記事は「キーワード検索」を利用するための便宜的なものです。詳細は、正式版(査読中)をダウンロードしてご覧ください

【目次】関連記事
〔Python/Jython/Swing 入門〕Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing

実際のアプリケーション開発を疑似体験できるように、問題解決に至るまでの紆余曲折を示しながら「繰り返し段階的に」技術を習得するための話題を提 供します。OOP〔Object-Oriented Programming〕を体得するには、五感を通してフィードバックが得られる論理的シミュレーションによって、現実世界を疑似体験するのが効果的で す。この連載で、Java の常識が壊れるかもしれませんが、OOP の可能性は広がります

【注意】連載の主旨から「先に示したプログラムが後で覆される」事例が含まれます。次の展開(失敗から何を学ぶか/学ばないか)を予想しながら読み進むのも一興です。

------------ 本文 ------------

続きを読む "Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing《1.2》Swing:JList"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月10日 (月)

Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing《1.1》今回の課題:全32チームの旗を掲げよう

------------ 序 ------------

ここで公開している記事は「キーワード検索」を利用するための便宜的なものです。詳細は、正式版(査読中)をダウンロードしてご覧ください

【目次】関連記事
〔Python/Jython/Swing 入門〕Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing

実際のアプリケーション開発を疑似体験できるように、問題解決に至るまでの紆余曲折を示しながら「繰り返し段階的に」技術を習得するための話題を提 供します。OOP〔Object-Oriented Programming〕を体得するには、五感を通してフィードバックが得られる論理的シミュレーションによって、現実世界を疑似体験するのが効果的で す。この連載で、Java の常識が壊れるかもしれませんが、OOP の可能性は広がります

【注意】連載の主旨から「先に示したプログラムが後で覆される」事例が含まれます。次の展開(失敗から何を学ぶか/学ばないか)を予想しながら読み進むのも一興です。

------------ 本文 ------------

続きを読む "Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing《1.1》今回の課題:全32チームの旗を掲げよう"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 9日 (日)

Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing《》Jython はじめました

------------ 序 ------------

〔Python/Jython 入門〕Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing

【目次】
〔Python/Jython/Swing 入門〕Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing

------------ 本文 ------------

続きを読む "Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing《》Jython はじめました"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 7日 (金)

Java.use(better, Jython)《65》新たなゲームを作成する: モデル★

------------ 序 ------------

【目次】
〔Python/Jython 入門〕Java.use(better) # Stairway to Real Agile World

《準備中》

今回のセミナー課題の実現例を示します。

※ 受講者のみなさんの作品は、掲示板をご覧ください。

------------ 本文 ------------

続きを読む "Java.use(better, Jython)《65》新たなゲームを作成する: モデル★"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 6日 (木)

Java.use(better, Jython)《64》新たなゲームを作成する: ビュー★

------------ 序 ------------

【目次】
〔Python/Jython 入門〕Java.use(better) # Stairway to Real Agile World

《準備中》

今回のセミナー課題の実現例を示します。

※ 受講者のみなさんの作品は、掲示板をご覧ください。

------------ 本文 ------------

続きを読む "Java.use(better, Jython)《64》新たなゲームを作成する: ビュー★"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 5日 (水)

Java.use(better, Jython)《63》新たなゲームを作成する: ビュー★

------------ 序 ------------

【目次】
〔Python/Jython 入門〕Java.use(better) # Stairway to Real Agile World

《準備中》

今回のセミナー課題の実現例を示します。

※ 受講者のみなさんの作品は、掲示板をご覧ください。

------------ 本文 ------------

続きを読む "Java.use(better, Jython)《63》新たなゲームを作成する: ビュー★"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 4日 (火)

Java.use(better, Jython)《62》数学の時間ですよ★

------------ 序 ------------

【目次】
〔Python/Jython 入門〕Java.use(better) # Stairway to Real Agile World

《準備中》

今回のセミナー課題の実現例を示します。

※ 受講者のみなさんの作品は、掲示板をご覧ください。

------------ 本文 ------------

続きを読む "Java.use(better, Jython)《62》数学の時間ですよ★"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 3日 (月)

Java.use(better, Jython)《61》アジァイル開発:要求仕様の変更★

♪都合により「 続・ひよ子のきもち 」にお引越し致します。(^_^)/~

★引越し後は(予告なしに)削除しますので、新しい記事をご覧ください。m(_o_)m

-----------------------( きりとれません )-----------------------------

♪ この記事は ...)^o^)/~   移動しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »