« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

2007年10月31日 (水)

Python.use(better, by="K&R") # for novice《25》switch(3)脱・ハードコーディング★

------------ 序 ------------

この連載では、K&R の名著 "The C Programming Language" を読み解きながら、Python によるオブジェクト指向プログラミングへの扉を開きます。

ここで公開している記事は「キーワード検索」を利用するための便宜的なものです。詳細は、正式版(PDF)をダウンロードしてご覧ください。
《準備中》

【目次】関連記事
〔Python/Jython 入門〕Python.use(better, by="K&R")  # for novice

《その他の関連記事》
2007年8月18日《21》switch 文は、百害あって一利なし《前篇》
2007年8月25日《22》switch 文は、百害あって一利なし《後篇》
2007年7月 9日《11》三項演算子 ?: に代わるもの★

※ goto 文と並んで悪名高いのが switch 文です。構造化プログラミングにとっては心強い味方であり、old-timer には根強い人気のある switch 文ですが、オブジェクト指向プログラミングにとっては、逆にその switch 文が手枷足枷となります。

《査読中》

------------ 本文 ------------

続きを読む "Python.use(better, by="K&R") # for novice《25》switch(3)脱・ハードコーディング★"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月30日 (火)

Python.use(better, by="K&R") # for novice《24》switch(2)switch は禁断の木の実★

------------ 序 ------------

この連載では、K&R の名著 "The C Programming Language" を読み解きながら、Python によるオブジェクト指向プログラミングへの扉を開きます。

ここで公開している記事は「キーワード検索」を利用するための便宜的なものです。詳細は、正式版(PDF)をダウンロードしてご覧ください。
《準備中》

【目次】関連記事
〔Python/Jython 入門〕Python.use(better, by="K&R")  # for novice

《その他の関連記事》
2007年8月18日《21》switch 文は、百害あって一利なし《前篇》
2007年8月25日《22》switch 文は、百害あって一利なし《後篇》

※ goto 文と並んで悪名高いのが switch 文です。構造化プログラミングにとっては心強い味方であり、old-timer には根強い人気のある switch 文ですが、オブジェクト指向プログラミングにとっては、逆にその switch 文が手枷足枷となります。

《査読中》

------------ 本文 ------------

続きを読む "Python.use(better, by="K&R") # for novice《24》switch(2)switch は禁断の木の実★"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CodeZine 掲載記事◆第1回 JavaBeansの美味しい煎り方

------------ 序 ------------

Java meets Python 〜 よろずプログラマーのためのPython導入ガイド (3)
第1回 JavaBeansの美味しい煎り方

本間 こりす 著 ◆ 監修:小泉ひよ子とタマゴ倶楽部

------------ 本文 ------------

続きを読む "CodeZine 掲載記事◆第1回 JavaBeansの美味しい煎り方"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月29日 (月)

Python.use(better, by="K&R") # for novice《23》switch(1)なぜ switch は不要か★

------------ 序 ------------

この連載では、K&R の名著 "The C Programming Language" を読み解きながら、Python によるオブジェクト指向プログラミングへの扉を開きます。

ここで公開している記事は「キーワード検索」を利用するための便宜的なものです。詳細は、正式版(PDF)をダウンロードしてご覧ください。
《準備中》

【目次】関連記事
〔Python/Jython 入門〕Python.use(better, by="K&R")  # for novice

《その他の関連記事》
2007年8月18日《21》switch 文は、百害あって一利なし《前篇》
2007年8月25日《22》switch 文は、百害あって一利なし《後篇》

※ goto 文と並んで悪名高いのが switch 文です。構造化プログラミングにとっては心強い味方であり、old-timer には根強い人気のある switch 文ですが、オブジェクト指向プログラミングにとっては、逆にその switch 文が手枷足枷となります。

《査読中》

------------ 本文 ------------

続きを読む "Python.use(better, by="K&R") # for novice《23》switch(1)なぜ switch は不要か★"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月26日 (金)

Python.use(better, anti="GoF") # Let's GoForward《45》AbstractFactory(7)パターンの夜明け★★

------------ 序 ------------

GoF のデザインパターンは、図らずも Java/C# の脆弱さを露呈する結果となりました。Ruby/Python などのより洗練されたオブジェクト指向の支援が得られる環境下では、いくつかのパターンは単純なイディオムに過ぎず、言語によっては組み込みの機能として提 供されているものも珍しくありません。また、GoF の事例を鵜呑みにすると迂遠なアプローチ余儀なくされるばかりか、Ruby/Python などのより洗練された特徴を活かせません。GoF を模写しても始まりません。GoF が模写したその起源を探ることで、パターンの本質に迫れます。 

この連載では、GoF デザインパターンを反面教師として、真のオブジェクト指向の世界を目指す旅へと誘(いざな)います。GoF が何を伝え、何を伝えなかったのか。そのルーツを探ってみると、新たな知見が開けてきます。そろそろ、釈迦の掌(Java/C#)から脱して、天竺(Ruby/Python)へと旅立ちませんか。

Java 原人からホモサピエンスへ:Java/C# から Ruby/Python への進化を望むプログラマーには、ひとつありがちな落とし穴があります。それは、GoF の例題に示してある、Java/C# のために脚色されたフレームワークに追従するあまりに「先祖返り」を余儀なくされ、Ruby/Python の進化した特徴が見過ごされてしまうことです。2011年までに、アナログ放送からディジタル放送への対応に迫られるのと同様に、アナログ思考(Java/C#)からディジタル思考(Ruby/Python)へと、プログラマーの世代交代も加速しつつあります。 さあ、みなさんも取り残されないよう、ただ前進あるのみです。(^_^)

Let's Go Forward ...

【目次】関連記事
〔Python/Jython 入門〕Python.use(better, anti="GoF") # Let's GoForward

《査読中》

------------ 本文 ------------

続きを読む "Python.use(better, anti="GoF") # Let's GoForward《45》AbstractFactory(7)パターンの夜明け★★"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月25日 (木)

Python.use(better, anti="GoF") # Let's GoForward《44》AbstractFactory(6)パターン夜明け前★★

------------ 序 ------------

GoF のデザインパターンは、図らずも Java/C# の脆弱さを露呈する結果となりました。Ruby/Python などのより洗練されたオブジェクト指向の支援が得られる環境下では、いくつかのパターンは単純なイディオムに過ぎず、言語によっては組み込みの機能として提 供されているものも珍しくありません。また、GoF の事例を鵜呑みにすると迂遠なアプローチ余儀なくされるばかりか、Ruby/Python などのより洗練された特徴を活かせません。GoF を模写しても始まりません。GoF が模写したその起源を探ることで、パターンの本質に迫れます。 

この連載では、GoF デザインパターンを反面教師として、真のオブジェクト指向の世界を目指す旅へと誘(いざな)います。GoF が何を伝え、何を伝えなかったのか。そのルーツを探ってみると、新たな知見が開けてきます。そろそろ、釈迦の掌(Java/C#)から脱して、天竺(Ruby/Python)へと旅立ちませんか。

Java 原人からホモサピエンスへ:Java/C# から Ruby/Python への進化を望むプログラマーには、ひとつありがちな落とし穴があります。それは、GoF の例題に示してある、Java/C# のために脚色されたフレームワークに追従するあまりに「先祖返り」を余儀なくされ、Ruby/Python の進化した特徴が見過ごされてしまうことです。2011年までに、アナログ放送からディジタル放送への対応に迫られるのと同様に、アナログ思考(Java/C#)からディジタル思考(Ruby/Python)へと、プログラマーの世代交代も加速しつつあります。 さあ、みなさんも取り残されないよう、ただ前進あるのみです。(^_^)

Let's Go Forward ...

【目次】関連記事
〔Python/Jython 入門〕Python.use(better, anti="GoF") # Let's GoForward

《査読中》

------------ 本文 ------------

続きを読む "Python.use(better, anti="GoF") # Let's GoForward《44》AbstractFactory(6)パターン夜明け前★★"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月24日 (水)

Python.use(better, anti="GoF") # Let's GoForward《43》AbstractFactory(5)パターン夜明け前★★

------------ 序 ------------

GoF のデザインパターンは、図らずも Java/C# の脆弱さを露呈する結果となりました。Ruby/Python などのより洗練されたオブジェクト指向の支援が得られる環境下では、いくつかのパターンは単純なイディオムに過ぎず、言語によっては組み込みの機能として提 供されているものも珍しくありません。また、GoF の事例を鵜呑みにすると迂遠なアプローチ余儀なくされるばかりか、Ruby/Python などのより洗練された特徴を活かせません。GoF を模写しても始まりません。GoF が模写したその起源を探ることで、パターンの本質に迫れます。 

この連載では、GoF デザインパターンを反面教師として、真のオブジェクト指向の世界を目指す旅へと誘(いざな)います。GoF が何を伝え、何を伝えなかったのか。そのルーツを探ってみると、新たな知見が開けてきます。そろそろ、釈迦の掌(Java/C#)から脱して、天竺(Ruby/Python)へと旅立ちませんか。

Java 原人からホモサピエンスへ:Java/C# から Ruby/Python への進化を望むプログラマーには、ひとつありがちな落とし穴があります。それは、GoF の例題に示してある、Java/C# のために脚色されたフレームワークに追従するあまりに「先祖返り」を余儀なくされ、Ruby/Python の進化した特徴が見過ごされてしまうことです。2011年までに、アナログ放送からディジタル放送への対応に迫られるのと同様に、アナログ思考(Java/C#)からディジタル思考(Ruby/Python)へと、プログラマーの世代交代も加速しつつあります。 さあ、みなさんも取り残されないよう、ただ前進あるのみです。(^_^)

Let's Go Forward ...

【目次】関連記事
〔Python/Jython 入門〕Python.use(better, anti="GoF") # Let's GoForward

《査読中》

------------ 本文 ------------

続きを読む "Python.use(better, anti="GoF") # Let's GoForward《43》AbstractFactory(5)パターン夜明け前★★"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月23日 (火)

Python.use(better, anti="GoF") # Let's GoForward《42》AbstractFactory(4)パターン夜明け前★★

------------ 序 ------------

GoF のデザインパターンは、図らずも Java/C# の脆弱さを露呈する結果となりました。Ruby/Python などのより洗練されたオブジェクト指向の支援が得られる環境下では、いくつかのパターンは単純なイディオムに過ぎず、言語によっては組み込みの機能として提 供されているものも珍しくありません。また、GoF の事例を鵜呑みにすると迂遠なアプローチ余儀なくされるばかりか、Ruby/Python などのより洗練された特徴を活かせません。GoF を模写しても始まりません。GoF が模写したその起源を探ることで、パターンの本質に迫れます。 

この連載では、GoF デザインパターンを反面教師として、真のオブジェクト指向の世界を目指す旅へと誘(いざな)います。GoF が何を伝え、何を伝えなかったのか。そのルーツを探ってみると、新たな知見が開けてきます。そろそろ、釈迦の掌(Java/C#)から脱して、天竺(Ruby/Python)へと旅立ちませんか。

Java 原人からホモサピエンスへ:Java/C# から Ruby/Python への進化を望むプログラマーには、ひとつありがちな落とし穴があります。それは、GoF の例題に示してある、Java/C# のために脚色されたフレームワークに追従するあまりに「先祖返り」を余儀なくされ、Ruby/Python の進化した特徴が見過ごされてしまうことです。2011年までに、アナログ放送からディジタル放送への対応に迫られるのと同様に、アナログ思考(Java/C#)からディジタル思考(Ruby/Python)へと、プログラマーの世代交代も加速しつつあります。 さあ、みなさんも取り残されないよう、ただ前進あるのみです。(^_^)

Let's Go Forward ...

【目次】関連記事
〔Python/Jython 入門〕Python.use(better, anti="GoF") # Let's GoForward

《査読中》

------------ 本文 ------------

続きを読む "Python.use(better, anti="GoF") # Let's GoForward《42》AbstractFactory(4)パターン夜明け前★★"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月22日 (月)

Python.use(better, anti="GoF") # Let's GoForward《41》AbstractFactory(3)パターン夜明け前★★

------------ 序 ------------

GoF のデザインパターンは、図らずも Java/C# の脆弱さを露呈する結果となりました。Ruby/Python などのより洗練されたオブジェクト指向の支援が得られる環境下では、いくつかのパターンは単純なイディオムに過ぎず、言語によっては組み込みの機能として提 供されているものも珍しくありません。また、GoF の事例を鵜呑みにすると迂遠なアプローチ余儀なくされるばかりか、Ruby/Python などのより洗練された特徴を活かせません。GoF を模写しても始まりません。GoF が模写したその起源を探ることで、パターンの本質に迫れます。 

この連載では、GoF デザインパターンを反面教師として、真のオブジェクト指向の世界を目指す旅へと誘(いざな)います。GoF が何を伝え、何を伝えなかったのか。そのルーツを探ってみると、新たな知見が開けてきます。そろそろ、釈迦の掌(Java/C#)から脱して、天竺(Ruby/Python)へと旅立ちませんか。

Java 原人からホモサピエンスへ:Java/C# から Ruby/Python への進化を望むプログラマーには、ひとつありがちな落とし穴があります。それは、GoF の例題に示してある、Java/C# のために脚色されたフレームワークに追従するあまりに「先祖返り」を余儀なくされ、Ruby/Python の進化した特徴が見過ごされてしまうことです。2011年までに、アナログ放送からディジタル放送への対応に迫られるのと同様に、アナログ思考(Java/C#)からディジタル思考(Ruby/Python)へと、プログラマーの世代交代も加速しつつあります。 さあ、みなさんも取り残されないよう、ただ前進あるのみです。(^_^)

Let's Go Forward ...

【目次】関連記事
〔Python/Jython 入門〕Python.use(better, anti="GoF") # Let's GoForward

《査読中》

------------ 本文 ------------

続きを読む "Python.use(better, anti="GoF") # Let's GoForward《41》AbstractFactory(3)パターン夜明け前★★"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月19日 (金)

連載: Java.use(better)《25》配列と別れる50の方法(5)★

------------ 序 ------------

《25》配列と別れる50の方法(5)

※ この記事をご覧になるには、次のアイコンをクリックしてください。

Codezine

Java meets Python 〜 よろずプログラマーのためのPython導入ガイド (4)
第2回 配列と別れる50の方法(壱)

伊藤うさぎ 著 ◆ 監修:小泉ひよ子とタマゴ倶楽部

【目次】関連記事
〔Python/Jython 入門〕Java.use(better) # Stairway to Real Agile World

------------ 本文 ------------

続きを読む "連載: Java.use(better)《25》配列と別れる50の方法(5)★"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月18日 (木)

連載: Java.use(better)《24》配列と別れる50の方法(4)★

------------ 序 ------------

《24》配列と別れる50の方法(4)

※ この記事をご覧になるには、次のアイコンをクリックしてください。

Codezine

Java meets Python 〜 よろずプログラマーのためのPython導入ガイド (4)
第2回 配列と別れる50の方法(壱)

伊藤うさぎ 著 ◆ 監修:小泉ひよ子とタマゴ倶楽部

【目次】関連記事
〔Python/Jython 入門〕Java.use(better) # Stairway to Real Agile World

------------ 本文 ------------

続きを読む "連載: Java.use(better)《24》配列と別れる50の方法(4)★"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月17日 (水)

連載: Java.use(better)《23》配列と別れる50の方法(3)★

------------ 序 ------------

《23》配列と別れる50の方法(3)

※ この記事をご覧になるには、次のアイコンをクリックしてください。

Codezine

Java meets Python 〜 よろずプログラマーのためのPython導入ガイド (4)
第2回 配列と別れる50の方法(壱)

伊藤うさぎ 著 ◆ 監修:小泉ひよ子とタマゴ倶楽部

【目次】関連記事
〔Python/Jython 入門〕Java.use(better) # Stairway to Real Agile World

------------ 本文 ------------

続きを読む "連載: Java.use(better)《23》配列と別れる50の方法(3)★"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月16日 (火)

連載: Java.use(better)《22》配列と別れる50の方法(2)★

------------ 序 ------------

《22》配列と別れる50の方法(2)

※ この記事をご覧になるには、次のアイコンをクリックしてください。

Codezine

Java meets Python 〜 よろずプログラマーのためのPython導入ガイド (4)
第2回 配列と別れる50の方法(壱)

伊藤うさぎ 著 ◆ 監修:小泉ひよ子とタマゴ倶楽部

【目次】関連記事
〔Python/Jython 入門〕Java.use(better) # Stairway to Real Agile World

------------ 本文 ------------

続きを読む "連載: Java.use(better)《22》配列と別れる50の方法(2)★"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Python.use(better, by="K&R") # for novice《27》reverse(2)文字列を反転するだけなら★

------------ 序 ------------

この連載では、K&R の名著 "The C Programming Language" を読み解きながら、Python によるオブジェクト指向プログラミングへの扉を開きます。

【目次】関連記事
〔Python/Jython 入門〕Python.use(better, by="K&R")  # for novice

《査読中》

------------ 本文 ------------

続きを読む "Python.use(better, by="K&R") # for novice《27》reverse(2)文字列を反転するだけなら★"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CodeZine 掲載記事◆第0回 Jythonはじめました(後編)

------------ 序 ------------

Java meets Python 〜 よろずプログラマーのためのPython導入ガイド (2)
第0回 Jythonはじめました(後編)

小泉ひよ子とタマゴ倶楽部 著

------------ 本文 ------------

続きを読む "CodeZine 掲載記事◆第0回 Jythonはじめました(後編)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月15日 (月)

連載: Java.use(better)《21》配列と別れる50の方法(1)★

------------ 序 ------------

《21》配列と別れる50の方法(1)

※ この記事をご覧になるには、次のアイコンをクリックしてください。

Codezine

Java meets Python 〜 よろずプログラマーのためのPython導入ガイド (4)
第2回 配列と別れる50の方法(壱)

伊藤うさぎ 著 ◆ 監修:小泉ひよ子とタマゴ倶楽部

【目次】関連記事
〔Python/Jython 入門〕Java.use(better) # Stairway to Real Agile World

------------ 本文 ------------

続きを読む "連載: Java.use(better)《21》配列と別れる50の方法(1)★"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Python.use(better, by="K&R") # for novice《26》reverse(1)文字列を反転するには★

------------ 序 ------------

この連載では、K&R の名著 "The C Programming Language" を読み解きながら、Python によるオブジェクト指向プログラミングへの扉を開きます。

【目次】関連記事
〔Python/Jython 入門〕Python.use(better, by="K&R")  # for novice

《査読中》

------------ 本文 ------------

続きを読む "Python.use(better, by="K&R") # for novice《26》reverse(1)文字列を反転するには★"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月13日 (土)

Oh 脳: AFTER ZERO #其之弐拾玖《29》優先席とファーストクラスオブジェクト《後篇》

------------ 本文 ------------

続きを読む "Oh 脳: AFTER ZERO #其之弐拾玖《29》優先席とファーストクラスオブジェクト《後篇》"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月12日 (金)

Python.use(better, by="K&R") # for novice《30》二分木と辞書:どこで真偽を審議するのか★

------------ 序 ------------

【目次】関連記事
〔Python/Jython 入門〕Python.use(better, by="K&R")  # for novice

《査読中》

------------ 本文 ------------

続きを読む "Python.use(better, by="K&R") # for novice《30》二分木と辞書:どこで真偽を審議するのか★"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月11日 (木)

Python.use(better, by="K&R") # for novice《29》二分木と辞書:キーと値★

------------ 序 ------------

【目次】関連記事
〔Python/Jython 入門〕Python.use(better, by="K&R")  # for novice

《査読中》

------------ 本文 ------------

続きを読む "Python.use(better, by="K&R") # for novice《29》二分木と辞書:キーと値★"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月10日 (水)

Python.use(better, by="K&R") # for novice《28》二分木と辞書:組み込み関数 dict()★

------------ 序 ------------

【目次】関連記事
〔Python/Jython 入門〕Python.use(better, by="K&R")  # for novice

《査読中》

------------ 本文 ------------

続きを読む "Python.use(better, by="K&R") # for novice《28》二分木と辞書:組み込み関数 dict()★"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 9日 (火)

Python.use(better, by="K&R") # for novice《27》二分木と辞書:参照と変更★

------------ 序 ------------

【目次】関連記事
〔Python/Jython 入門〕Python.use(better, by="K&R")  # for novice

《査読中》

------------ 本文 ------------

続きを読む "Python.use(better, by="K&R") # for novice《27》二分木と辞書:参照と変更★"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CodeZine 掲載記事◆第0回 Jythonはじめました(前編)

------------ 序 ------------

Java meets Python 〜 よろずプログラマーのためのPython導入ガイド (1)
第0回 Jythonはじめました(前編)

小泉ひよ子とタマゴ倶楽部 著

------------ 本文 ------------

続きを読む "CodeZine 掲載記事◆第0回 Jythonはじめました(前編)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 8日 (月)

Python.use(better, by="K&R") # for novice《26》二分木と辞書★

------------ 序 ------------

【目次】関連記事
〔Python/Jython 入門〕Python.use(better, by="K&R")  # for novice

《査読中》

------------ 本文 ------------

続きを読む "Python.use(better, by="K&R") # for novice《26》二分木と辞書★"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 6日 (土)

Oh 脳: AFTER ZERO #其之弐拾捌《28》優先席とファーストクラスオブジェクト《前篇》

------------ 本文 ------------

続きを読む "Oh 脳: AFTER ZERO #其之弐拾捌《28》優先席とファーストクラスオブジェクト《前篇》"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 5日 (金)

Python.use(better, anti="GoF") # Let's GoForward《40》AbstractFactory(2)パターン夜明け前★★

------------ 序 ------------

GoF のデザインパターンは、図らずも Java/C# の脆弱さを露呈する結果となりました。Ruby/Python などのより洗練されたオブジェクト指向の支援が得られる環境下では、いくつかのパターンは単純なイディオムに過ぎず、言語によっては組み込みの機能として提 供されているものも珍しくありません。また、GoF の事例を鵜呑みにすると迂遠なアプローチ余儀なくされるばかりか、Ruby/Python などのより洗練された特徴を活かせません。GoF を模写しても始まりません。GoF が模写したその起源を探ることで、パターンの本質に迫れます。 

この連載では、GoF デザインパターンを反面教師として、真のオブジェクト指向の世界を目指す旅へと誘(いざな)います。GoF が何を伝え、何を伝えなかったのか。そのルーツを探ってみると、新たな知見が開けてきます。そろそろ、釈迦の掌(Java/C#)から脱して、天竺(Ruby/Python)へと旅立ちませんか。

Java 原人からホモサピエンスへ:Java/C# から Ruby/Python への進化を望むプログラマーには、ひとつありがちな落とし穴があります。それは、GoF の例題に示してある、Java/C# のために脚色されたフレームワークに追従するあまりに「先祖返り」を余儀なくされ、Ruby/Python の進化した特徴が見過ごされてしまうことです。2011年までに、アナログ放送からディジタル放送への対応に迫られるのと同様に、アナログ思考(Java/C#)からディジタル思考(Ruby/Python)へと、プログラマーの世代交代も加速しつつあります。 さあ、みなさんも取り残されないよう、ただ前進あるのみです。(^_^)

Let's Go Forward ...

【目次】関連記事
〔Python/Jython 入門〕Python.use(better, anti="GoF") # Let's GoForward

《査読中》

------------ 本文 ------------

続きを読む "Python.use(better, anti="GoF") # Let's GoForward《40》AbstractFactory(2)パターン夜明け前★★"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 4日 (木)

Python.use(better, anti="GoF") # Let's GoForward《39》AbstractFactory(1)パターン前夜★★

------------ 序 ------------

GoF のデザインパターンは、図らずも Java/C# の脆弱さを露呈する結果となりました。Ruby/Python などのより洗練されたオブジェクト指向の支援が得られる環境下では、いくつかのパターンは単純なイディオムに過ぎず、言語によっては組み込みの機能として提 供されているものも珍しくありません。また、GoF の事例を鵜呑みにすると迂遠なアプローチ余儀なくされるばかりか、Ruby/Python などのより洗練された特徴を活かせません。GoF を模写しても始まりません。GoF が模写したその起源を探ることで、パターンの本質に迫れます。 

この連載では、GoF デザインパターンを反面教師として、真のオブジェクト指向の世界を目指す旅へと誘(いざな)います。GoF が何を伝え、何を伝えなかったのか。そのルーツを探ってみると、新たな知見が開けてきます。そろそろ、釈迦の掌(Java/C#)から脱して、天竺(Ruby/Python)へと旅立ちませんか。

Java 原人からホモサピエンスへ:Java/C# から Ruby/Python への進化を望むプログラマーには、ひとつありがちな落とし穴があります。それは、GoF の例題に示してある、Java/C# のために脚色されたフレームワークに追従するあまりに「先祖返り」を余儀なくされ、Ruby/Python の進化した特徴が見過ごされてしまうことです。2011年までに、アナログ放送からディジタル放送への対応に迫られるのと同様に、アナログ思考(Java/C#)からディジタル思考(Ruby/Python)へと、プログラマーの世代交代も加速しつつあります。 さあ、みなさんも取り残されないよう、ただ前進あるのみです。(^_^)

Let's Go Forward ...

【目次】関連記事
〔Python/Jython 入門〕Python.use(better, anti="GoF") # Let's GoForward

《査読中》

------------ 本文 ------------

続きを読む "Python.use(better, anti="GoF") # Let's GoForward《39》AbstractFactory(1)パターン前夜★★"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 3日 (水)

Python.use(better, anti="GoF") # Let's GoForward《38》Visitor(13)パターンの午後:GoGoForward★★

------------ 序 ------------

GoF のデザインパターンは、図らずも Java/C# の脆弱さを露呈する結果となりました。Ruby/Python などのより洗練されたオブジェクト指向の支援が得られる環境下では、いくつかのパターンは単純なイディオムに過ぎず、言語によっては組み込みの機能として提 供されているものも珍しくありません。また、GoF の事例を鵜呑みにすると迂遠なアプローチ余儀なくされるばかりか、Ruby/Python などのより洗練された特徴を活かせません。GoF を模写しても始まりません。GoF が模写したその起源を探ることで、パターンの本質に迫れます。 

この連載では、GoF デザインパターンを反面教師として、真のオブジェクト指向の世界を目指す旅へと誘(いざな)います。GoF が何を伝え、何を伝えなかったのか。そのルーツを探ってみると、新たな知見が開けてきます。そろそろ、釈迦の掌(Java/C#)から脱して、天竺(Ruby/Python)へと旅立ちませんか。

Java 原人からホモサピエンスへ:Java/C# から Ruby/Python への進化を望むプログラマーには、ひとつありがちな落とし穴があります。それは、GoF の例題に示してある、Java/C# のために脚色されたフレームワークに追従するあまりに「先祖返り」を余儀なくされ、Ruby/Python の進化した特徴が見過ごされてしまうことです。2011年までに、アナログ放送からディジタル放送への対応に迫られるのと同様に、アナログ思考(Java/C#)からディジタル思考(Ruby/Python)へと、プログラマーの世代交代も加速しつつあります。 さあ、みなさんも取り残されないよう、ただ前進あるのみです。(^_^)

Let's Go Forward ...

【目次】関連記事
〔Python/Jython 入門〕Python.use(better, anti="GoF") # Let's GoForward

《査読中》

------------ 本文 ------------

続きを読む "Python.use(better, anti="GoF") # Let's GoForward《38》Visitor(13)パターンの午後:GoGoForward★★"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 2日 (火)

Python.use(better, anti="GoF") # Let's GoForward《37》Visitor(12)ドタ、バタ、パターン!★★

------------ 序 ------------

GoF のデザインパターンは、図らずも Java/C# の脆弱さを露呈する結果となりました。Ruby/Python などより洗練されたオブジェクト指向の支援が得られる環境下では、いくつかのパターンは単純なイディオムに過ぎず、言語によっては組み込みの機能として提 供されているものも珍しくありません。また、GoF の事例を鵜呑みにすると迂遠なアプローチ余儀なくされるばかりか、Ruby/Python などのより洗練された特徴を活かせません。GoF を模写しても始まりません。GoF が模写したその起源を探ることで、パターンの本質に迫れます。 

この連載では、GoF デザインパターンを反面教師として、真のオブジェクト指向の世界を目指す旅へと誘(いざな)います。GoF が何を伝え、何を伝えなかったのか。そのルーツを探ってみると、新たな知見が開けてきます。そろそろ、釈迦の掌(Java/C#)から脱して、天竺(Ruby/Python)へと旅立ちませんか。

Java 原人からホモサピエンスへ:Java/C# から Ruby/Python への進化を望むプログラマーには、ひとつありがちな落とし穴があります。それは、GoF の例題に示してある、Java/C# のために脚色されたフレームワークに追従するあまりに「先祖返り」を余儀なくされ、Ruby/Python の進化した特徴が見過ごされてしまうことです。2011年までに、アナログ放送からディジタル放送への対応に迫られるのと同様に、アナログ思考(Java/C#)からディジタル思考(Ruby/Python)へと、プログラマーの世代交代も加速しつつあります。 さあ、みなさんも取り残されないよう、ただ前進あるのみです。(^_^)

Let's Go Forward ...

【目次】関連記事
〔Python/Jython 入門〕Python.use(better, anti="GoF") # Let's GoForward

《査読中》

------------ 本文 ------------

続きを読む "Python.use(better, anti="GoF") # Let's GoForward《37》Visitor(12)ドタ、バタ、パターン!★★"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 1日 (月)

Python.use(better, anti="GoF") # Let's GoForward《36》Visitor(11)ドタ、バタ、パターン!★★

------------ 序 ------------

GoF のデザインパターンは、図らずも Java/C# の脆弱さを露呈する結果となりました。Ruby/Python などより洗練されたオブジェクト指向の支援が得られる環境下では、いくつかのパターンは単純なイディオムに過ぎず、言語によっては組み込みの機能として提 供されているものも珍しくありません。また、GoF の事例を鵜呑みにすると迂遠なアプローチ余儀なくされるばかりか、Ruby/Python などのより洗練された特徴を活かせません。GoF を模写しても始まりません。GoF が模写したその起源を探ることで、パターンの本質に迫れます。 

この連載では、GoF デザインパターンを反面教師として、真のオブジェクト指向の世界を目指す旅へと誘(いざな)います。GoF が何を伝え、何を伝えなかったのか。そのルーツを探ってみると、新たな知見が開けてきます。そろそろ、釈迦の掌(Java/C#)から脱して、天竺(Ruby/Python)へと旅立ちませんか。

Java 原人からホモサピエンスへ:Java/C# から Ruby/Python への進化を望むプログラマーには、ひとつありがちな落とし穴があります。それは、GoF の例題に示してある、Java/C# のために脚色されたフレームワークに追従するあまりに「先祖返り」を余儀なくされ、Ruby/Python の進化した特徴が見過ごされてしまうことです。2011年までに、アナログ放送からディジタル放送への対応に迫られるのと同様に、アナログ思考(Java/C#)からディジタル思考(Ruby/Python)へと、プログラマーの世代交代も加速しつつあります。 さあ、みなさんも取り残されないよう、ただ前進あるのみです。(^_^)

Let's Go Forward ...

【目次】関連記事
〔Python/Jython 入門〕Python.use(better, anti="GoF") # Let's GoForward

《査読中》

------------ 本文 ------------

続きを読む "Python.use(better, anti="GoF") # Let's GoForward《36》Visitor(11)ドタ、バタ、パターン!★★"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

♪ Ponte a la carte:

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »