本文をご覧になるときに(テストを兼ねています)

♪都合により「 続・ひよ子のきもち 」にお引越し致します。(^_^)/~

★引越し後は(予告なしに)削除しますので、新しい記事をご覧ください。m(_o_)m

-----------------------( きりとれません )-----------------------------


------------ 序 ------------

みなさんからのコメントは`非公開`ですので、記事に関するご意見やご要望などは、お気軽にお寄せください(ただし、ご質問には、執筆担当者が回答するとはかぎりません)また、大きな声では言えない不満のはけ口にもご利用ください(何か回答が寄せられるかもしれませんが、そこは当てになさらず)正式版の公開に至るまでの`途中経過`も公開しているので、記事が完成するまでの過程を観察するのも一興です。

【注意】PDF(最新版)と記事(旧版)とは、一致しない場合があります。 

※ PDF(正式版は、OmniGraffle Pro 4.1.1/OmniOutliner 3.5 で作成しています。そのため、プレビュー/Macintosh を使ったときに、最も美しくご覧になれるように最適化されています。ただし、Acrobat/Windows などでご覧になると、画質が劣化する場合がありますので、ご注意ください。

◆ タイトルの末尾にある★印は、記事の内容を知る目安として参考にしてください。

入門編 ★____(初心者向き)
基礎編 ★★
___(初心者向き) 
応用編 ★★★__(初心者向き)
中級編 ★★★★_(中級者向き)
上級編 ★★★★★(上級者向き)

ここでの分類(原則として)は、次のように…
初心者:既存のプログラミング言語や開発環境を利用してアプリケーション開発をしているみなさん。
中級者既存のものに飽き足らず、自身で作成した言語/環境を併用して、アプリケーション開発をしているみなさん
上級者自身で作成した言語/環境と既存のものとを駆使 して、システム開発をしているみなさん
…設定してあります。ただし、運用に関しては、これらの分類には厳密に従っていないことがあります。

------------ 本文 ------------

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 1日 (木)

`Java.use(better) # Stairway to Real Agile World

------------ 序 ------------

プログラマーにとっての「地デジ」対応は進んでいますか? この連載では、ナログ世代(Java/C#)からィジタル世代(Ruby/Python)への脱皮を目指して、「真のアジャイル対応」への準備を怠りない、プログラマーのみなさんを支援する話題を提供します。Java が抱える深刻な問題は、C# プログラマーにとって「対岸の火事」とばかりも言っていられません。Java/C# の常識は、オブジェクト指向の常識。さあ、ご一緒に。

【目次】読み込みに時間が掛かるときには、以下を選択してください。
〔Python/Jython 入門〕Java.use(better) # Stairway to Real Agile World 

------------ 本文 ------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

`Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing

------------ 序 ------------

〔Python/Jython 入門〕Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing

Swing/J2SE 1.4 を題材に、Jython の基礎を習得するための情報を提供します。Java/Python の「一石二鳥」のつもりが「二兎を追うもの…」になるかもしれず、その判断はみなさんに委ねます。この連載が、Java のアプリケーション開発に携わる苦痛を和らげ、より快適なアジャイル開発への道標となるなら幸いです。

※ こんな症状を抱えているなら…
・Java の開発効率の悪さにストレスが溜まる
・要求仕様の変更に柔軟かつ迅速に対処できない
・体力(単純な肉体労働)に自信がない(頭脳労働に専念したい)
・既存の Java 資産は今後も運用(再利用)したい。

【効能】Java の開発効率を向上して(Java では体感できない)より本格的なオブジェクト指向の醍醐味を堪能できる。【副作用】Java 単独での開発を苦痛に感じるかも。(^.^)

【目次】読み込みに時間が掛かるときには、以下を選択してください。
〔Python/Jython/Swing 入門〕Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing

------------ 本文 ------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月25日 (金)

Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing《6.5》モジュール:jarray

♪都合により「 続・ひよ子のきもち 」にお引越し致します。(^_^)/~

★引越し後は(予告なしに)削除しますので、新しい記事をご覧ください。m(_o_)m

-----------------------( きりとれません )-----------------------------


------------ 序 ------------

ここで公開している記事は「キーワード検索」を利用するための便宜的なものです。詳細は、正式版(査読中)をダウンロードしてご覧ください

【目次】関連記事
〔Python/Jython/Swing 入門〕Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing

実際のアプリケーション開発を疑似体験できるように、問題解決に至るまでの紆余曲折を示しながら「繰り返し段階的に」技術を習得するための話題を提 供します。OOP〔Object-Oriented Programming〕を体得するには、五感を通してフィードバックが得られる論理的シミュレーションによって、現実世界を疑似体験するのが効果的で す。この連載で、Java の常識が壊れるかもしれませんが、OOP の可能性は広がります

【注意】連載の主旨から「先に示したプログラムが後で覆される」事例が含まれます。次の展開(失敗から何を学ぶか/学ばないか)を予想しながら読み進むのも一興です。

------------ 本文 ------------

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月24日 (木)

Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing《6.4》支援ツール:配列の`中身`を確認する

------------ 序 ------------

ここで公開している記事は「キーワード検索」を利用するための便宜的なものです。詳細は、正式版(査読中)をダウンロードしてご覧ください

【目次】関連記事
〔Python/Jython/Swing 入門〕Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing

実際のアプリケーション開発を疑似体験できるように、問題解決に至るまでの紆余曲折を示しながら「繰り返し段階的に」技術を習得するための話題を提 供します。OOP〔Object-Oriented Programming〕を体得するには、五感を通してフィードバックが得られる論理的シミュレーションによって、現実世界を疑似体験するのが効果的で す。この連載で、Java の常識が壊れるかもしれませんが、OOP の可能性は広がります

【注意】連載の主旨から「先に示したプログラムが後で覆される」事例が含まれます。次の展開(失敗から何を学ぶか/学ばないか)を予想しながら読み進むのも一興です。

------------ 本文 ------------

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月23日 (水)

Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing《6.3》ドラッグ&ドロップ

------------ 序 ------------

ここで公開している記事は「キーワード検索」を利用するための便宜的なものです。詳細は、正式版(査読中)をダウンロードしてご覧ください

【目次】関連記事
〔Python/Jython/Swing 入門〕Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing

実際のアプリケーション開発を疑似体験できるように、問題解決に至るまでの紆余曲折を示しながら「繰り返し段階的に」技術を習得するための話題を提 供します。OOP〔Object-Oriented Programming〕を体得するには、五感を通してフィードバックが得られる論理的シミュレーションによって、現実世界を疑似体験するのが効果的で す。この連載で、Java の常識が壊れるかもしれませんが、OOP の可能性は広がります

【注意】連載の主旨から「先に示したプログラムが後で覆される」事例が含まれます。次の展開(失敗から何を学ぶか/学ばないか)を予想しながら読み進むのも一興です。

------------ 本文 ------------

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月22日 (火)

Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing《6.2》Swing:TransferHandler

------------ 序 ------------

ここで公開している記事は「キーワード検索 」を利用するための便宜的なものです。詳細は、正式版(「cz16080312.pdf」をダウンロード draft@08/03/12)をダウンロードしてご覧ください

【目次】関連記事
〔Python/Jython/Swing 入門〕Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing

実際のアプリケーション開発を疑似体験できるように、問題解決に至るまでの紆余曲折を示しながら「繰り返し段階的に」技術を習得するための話題を提 供します。OOP〔Object-Oriented Programming〕を体得するには、五感を通してフィードバックが得られる論理的シミュレーションによって、現実世界を疑似体験するのが効果的で す。この連載で、Java の常識が壊れるかもしれませんが、OOP の可能性は広がります

【注意】連載の主旨から「先に示したプログラムが後で覆される」事例が含まれます。次の展開(失敗から何を学ぶか/学ばないか)を予想しながら読み進むのも一興です。

------------ 本文 ------------

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月21日 (月)

Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing《6.1》TransferHandler: DnD

------------ 序 ------------

ここで公開している記事は「キーワード検索」を利用するための便宜的なものです。詳細は、正式版(査読中)をダウンロードしてご覧ください

【目次】関連記事
〔Python/Jython/Swing 入門〕Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing

実際のアプリケーション開発を疑似体験できるように、問題解決に至るまでの紆余曲折を示しながら「繰り返し段階的に」技術を習得するための話題を提 供します。OOP〔Object-Oriented Programming〕を体得するには、五感を通してフィードバックが得られる論理的シミュレーションによって、現実世界を疑似体験するのが効果的で す。この連載で、Java の常識が壊れるかもしれませんが、OOP の可能性は広がります

【注意】連載の主旨から「先に示したプログラムが後で覆される」事例が含まれます。次の展開(失敗から何を学ぶか/学ばないか)を予想しながら読み進むのも一興です。

------------ 本文 ------------

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月18日 (金)

Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing《5.5》支援ツール:インスペクターで状態を確認する

------------ 序 ------------

ここで公開している記事は「キーワード検索」を利用するための便宜的なものです。詳細は、正式版(査読中)をダウンロードしてご覧ください

【目次】関連記事
〔Python/Jython/Swing 入門〕Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing

実際のアプリケーション開発を疑似体験できるように、問題解決に至るまでの紆余曲折を示しながら「繰り返し段階的に」技術を習得するための話題を提 供します。OOP〔Object-Oriented Programming〕を体得するには、五感を通してフィードバックが得られる論理的シミュレーションによって、現実世界を疑似体験するのが効果的で す。この連載で、Java の常識が壊れるかもしれませんが、OOP の可能性は広がります

【注意】連載の主旨から「先に示したプログラムが後で覆される」事例が含まれます。次の展開(失敗から何を学ぶか/学ばないか)を予想しながら読み進むのも一興です。

------------ 本文 ------------

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月17日 (木)

Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing《5.4》イベントリスナーの背景

------------ 序 ------------

ここで公開している記事は「キーワード検索」を利用するための便宜的なものです。詳細は、正式版(査読中)をダウンロードしてご覧ください

【目次】関連記事
〔Python/Jython/Swing 入門〕Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing

実際のアプリケーション開発を疑似体験できるように、問題解決に至るまでの紆余曲折を示しながら「繰り返し段階的に」技術を習得するための話題を提 供します。OOP〔Object-Oriented Programming〕を体得するには、五感を通してフィードバックが得られる論理的シミュレーションによって、現実世界を疑似体験するのが効果的で す。この連載で、Java の常識が壊れるかもしれませんが、OOP の可能性は広がります

【注意】連載の主旨から「先に示したプログラムが後で覆される」事例が含まれます。次の展開(失敗から何を学ぶか/学ばないか)を予想しながら読み進むのも一興です。

------------ 本文 ------------

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing《5.3》リファクタリング

------------ 序 ------------

ここで公開している記事は「キーワード検索」を利用するための便宜的なものです。詳細は、正式版(査読中)をダウンロードしてご覧ください

【目次】関連記事
〔Python/Jython/Swing 入門〕Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing

実際のアプリケーション開発を疑似体験できるように、問題解決に至るまでの紆余曲折を示しながら「繰り返し段階的に」技術を習得するための話題を提 供します。OOP〔Object-Oriented Programming〕を体得するには、五感を通してフィードバックが得られる論理的シミュレーションによって、現実世界を疑似体験するのが効果的で す。この連載で、Java の常識が壊れるかもしれませんが、OOP の可能性は広がります

【注意】連載の主旨から「先に示したプログラムが後で覆される」事例が含まれます。次の展開(失敗から何を学ぶか/学ばないか)を予想しながら読み進むのも一興です。

------------ 本文 ------------

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月15日 (火)

Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing《5.2》Swing:JLabel

♪都合により「 続・ひよ子のきもち 」にお引越し致します。(^_^)/~

★引越し後は(予告なしに)削除しますので、新しい記事をご覧ください。m(_o_)m

-----------------------( きりとれません )-----------------------------


------------ 序 ------------

ここで公開している記事は「キーワード検索」を利用するための便宜的なものです。詳細は、正式版(査読中)をダウンロードしてご覧ください

【目次】関連記事
〔Python/Jython/Swing 入門〕Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing

実際のアプリケーション開発を疑似体験できるように、問題解決に至るまでの紆余曲折を示しながら「繰り返し段階的に」技術を習得するための話題を提 供します。OOP〔Object-Oriented Programming〕を体得するには、五感を通してフィードバックが得られる論理的シミュレーションによって、現実世界を疑似体験するのが効果的で す。この連載で、Java の常識が壊れるかもしれませんが、OOP の可能性は広がります

【注意】連載の主旨から「先に示したプログラムが後で覆される」事例が含まれます。次の展開(失敗から何を学ぶか/学ばないか)を予想しながら読み進むのも一興です。

------------ 本文 ------------

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月14日 (月)

Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing《5.1》今回の課題:全32チームの旗を一堂に掲げよう

------------ 序 ------------

ここで公開している記事は「キーワード検索」を利用するための便宜的なものです。詳細は、正式版(査読中)をダウンロードしてご覧ください

【目次】関連記事
〔Python/Jython/Swing 入門〕Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing

実際のアプリケーション開発を疑似体験できるように、問題解決に至るまでの紆余曲折を示しながら「繰り返し段階的に」技術を習得するための話題を提 供します。OOP〔Object-Oriented Programming〕を体得するには、五感を通してフィードバックが得られる論理的シミュレーションによって、現実世界を疑似体験するのが効果的で す。この連載で、Java の常識が壊れるかもしれませんが、OOP の可能性は広がります

【注意】連載の主旨から「先に示したプログラムが後で覆される」事例が含まれます。次の展開(失敗から何を学ぶか/学ばないか)を予想しながら読み進むのも一興です。

------------ 本文 ------------

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月11日 (金)

Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing《4.5》終わりに

------------ 序 ------------

ここで公開している記事は「キーワード検索」を利用するための便宜的なものです。詳細は、正式版(査読中)をダウンロードしてご覧ください

【目次】関連記事
〔Python/Jython/Swing 入門〕Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing

実際のアプリケーション開発を疑似体験できるように、問題解決に至るまでの紆余曲折を示しながら「繰り返し段階的に」技術を習得するための話題を提 供します。OOP〔Object-Oriented Programming〕を体得するには、五感を通してフィードバックが得られる論理的シミュレーションによって、現実世界を疑似体験するのが効果的で す。この連載で、Java の常識が壊れるかもしれませんが、OOP の可能性は広がります

【注意】連載の主旨から「先に示したプログラムが後で覆される」事例が含まれます。次の展開(失敗から何を学ぶか/学ばないか)を予想しながら読み進むのも一興です。

------------ 本文 ------------

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月10日 (木)

Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing《4.4》レイアウトを設定する

------------ 序 ------------

ここで公開している記事は「キーワード検索」を利用するための便宜的なものです。詳細は、正式版(査読中)をダウンロードしてご覧ください

【目次】関連記事
〔Python/Jython/Swing 入門〕Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing

実際のアプリケーション開発を疑似体験できるように、問題解決に至るまでの紆余曲折を示しながら「繰り返し段階的に」技術を習得するための話題を提 供します。OOP〔Object-Oriented Programming〕を体得するには、五感を通してフィードバックが得られる論理的シミュレーションによって、現実世界を疑似体験するのが効果的で す。この連載で、Java の常識が壊れるかもしれませんが、OOP の可能性は広がります

【注意】連載の主旨から「先に示したプログラムが後で覆される」事例が含まれます。次の展開(失敗から何を学ぶか/学ばないか)を予想しながら読み進むのも一興です。

------------ 本文 ------------

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 9日 (水)

Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing《4.3》支援ツール:JPanel の状態を確認する

------------ 序 ------------

ここで公開している記事は「キーワード検索」を利用するための便宜的なものです。詳細は、正式版(査読中)をダウンロードしてご覧ください

【目次】関連記事
〔Python/Jython/Swing 入門〕Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing

実際のアプリケーション開発を疑似体験できるように、問題解決に至るまでの紆余曲折を示しながら「繰り返し段階的に」技術を習得するための話題を提 供します。OOP〔Object-Oriented Programming〕を体得するには、五感を通してフィードバックが得られる論理的シミュレーションによって、現実世界を疑似体験するのが効果的で す。この連載で、Java の常識が壊れるかもしれませんが、OOP の可能性は広がります

【注意】連載の主旨から「先に示したプログラムが後で覆される」事例が含まれます。次の展開(失敗から何を学ぶか/学ばないか)を予想しながら読み進むのも一興です。

------------ 本文 ------------

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 8日 (火)

Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing《4.2》Swing:JPanel

------------ 序 ------------

ここで公開している記事は「キーワード検索」を利用するための便宜的なものです。詳細は、正式版(査読中)をダウンロードしてご覧ください

【目次】関連記事
〔Python/Jython/Swing 入門〕Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing

実際のアプリケーション開発を疑似体験できるように、問題解決に至るまでの紆余曲折を示しながら「繰り返し段階的に」技術を習得するための話題を提 供します。OOP〔Object-Oriented Programming〕を体得するには、五感を通してフィードバックが得られる論理的シミュレーションによって、現実世界を疑似体験するのが効果的で す。この連載で、Java の常識が壊れるかもしれませんが、OOP の可能性は広がります

【注意】連載の主旨から「先に示したプログラムが後で覆される」事例が含まれます。次の展開(失敗から何を学ぶか/学ばないか)を予想しながら読み進むのも一興です。

------------ 本文 ------------

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 7日 (月)

Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing《4.1》今回の課題:各チームをグループ別に表示しよう

------------ 序 ------------

ここで公開している記事は「キーワード検索」を利用するための便宜的なものです。詳細は、正式版(査読中)をダウンロードしてご覧ください

【目次】関連記事
〔Python/Jython/Swing 入門〕Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing

実際のアプリケーション開発を疑似体験できるように、問題解決に至るまでの紆余曲折を示しながら「繰り返し段階的に」技術を習得するための話題を提 供します。OOP〔Object-Oriented Programming〕を体得するには、五感を通してフィードバックが得られる論理的シミュレーションによって、現実世界を疑似体験するのが効果的で す。この連載で、Java の常識が壊れるかもしれませんが、OOP の可能性は広がります

【注意】連載の主旨から「先に示したプログラムが後で覆される」事例が含まれます。次の展開(失敗から何を学ぶか/学ばないか)を予想しながら読み進むのも一興です。

------------ 本文 ------------

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 1日 (火)

`Python.use(better, by="JPL") # for novice

------------ 序 ------------

この連載では、Java の原典 "The Java Programming Language" を読み解きながら、Python によるオブジェクト指向プログラミングへの導入を図ります。

【目次】読み込みに時間が掛かるときには、以下を選択してください。
〔Python/Jython 入門〕Python.use(better, by="JPL")  # for novice 

------------ 本文 ------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

`Python.use(better, by="K&R") # for novice

------------ 序 ------------

この連載では、K&R の名著 "The C Programming Language" を読み解きながら、Python によるオブジェクト指向プログラミングへの導入を図ります。

【目次】読み込みに時間が掛かるときには、以下を選択してください。
〔Python/Jython 入門〕Python.use(better, by="K&R")  # for novice 

------------ 本文 ------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

●気軽に Jython《00》学習を始める前に:ターミナル編

------------ 序 ------------

最新版を得るには
pdf@2008/04/05 をダウンロード

してください。

------------ 本文 ------------

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«Shall_we_Agile = Java.use(better, Python) # Swing《3.5》終わりに